> 限定
ニュース
【premium限定ニュース】

三代目JSBが女優・黒川芽以をビッチ呼ばわり! 元旦早々炎上するEXILE一族のSNS事情

―― 正月早々EXILE一族がSNSで炎上騒動を起こしている。1月1日元旦の早朝、三代目J Soul Brothers(以下、三代目JSB)のメンバーであるELLYが動画ストリーミングアプリ「Perisco...

三代目JSBが女優・黒川芽以をビッチ呼ばわり! 元旦早々炎上するEXILE一族のSNS事情
ニュース
【premium限定ニュース】

2017年はアンジャッシュ児嶋が大ブレイクする? そのワケとは!?

―― 16年はピコ太郎が最後においしいところを全部持っていった感があるが、今年のお笑い界はあの男が大ブレイクすると言われている。あの男とは一体だれか?「ズバリ、アンジャッシュの児島一哉ですよ」

2017年はアンジャッシュ児嶋が大ブレイクする? そのワケとは!?
ニュース
高山真の「オトコとオンナとアイドルと」【19】

星野源は「子犬の目をした脅迫者」? 『逃げ恥』が描いた、普通の人々の「普通じゃない」美しさ

―― 「親子や兄弟姉妹ですら合わない部分があるのが当然なのだから、違う家庭で育ってきた者同士が合わない部分があるのは当たり前。そんな『当然』や『当たり前』を、『困る』とか『つらい』に変換するクセがついてしま...

星野源は「子犬の目をした脅迫者」? 『逃げ恥』が描いた、普通の人々の「普通じゃない」美しさ
ニュース
高山真の「オトコとオンナとアイドルと」【18】

スケオタエッセイスト・高山真のフィギュアスケート全日本選手権観戦記

―― フィギュアスケートの全日本選手権、私は、いい関係を続けている人の家で、かれこれ15年ほどいいおつきあいをさせていただいているパティスリー「イデミ スギノ」のクリスマスケーキ2種類をいただきながら観戦し...

スケオタエッセイスト・高山真のフィギュアスケート全日本選手権観戦記
ニュース
【premium限定ニュース】

ドラマ『逃げ恥』で大ブレイク、星野源をめぐって各局の争奪戦が激化

―― 歌手で俳優の星野源をめぐって、各局の争奪戦が激化している。

ドラマ『逃げ恥』で大ブレイク、星野源をめぐって各局の争奪戦が激化
ニュース
【premium限定ニュース】

『君の名は。』大ヒットに隠れているが…のんのタレント力を芸能界は黙殺しても経済界は無視できず!?

―― 興行収入で邦画歴代2位を記録するアニメ映画『君の名は。』の陰に隠れているが、ある意味、それ以上の爆発的ヒットとなっているのが、同じくアニメ映画の『この世界の片隅に』だ。

『君の名は。』大ヒットに隠れているが…のんのタレント力を芸能界は黙殺しても経済界は無視できず!?
ニュース
【premium限定ニュース】

ついに閉鎖!デタラメ情報を垂れ流し「WELQ」執筆依頼の殺し文句とは?

―― デタラメな情報を垂れ流していた医療・健康情報サイトの「WELQ」が閉鎖され、12月7日に運営元のDeNAが謝罪会見を開いた。

ついに閉鎖!デタラメ情報を垂れ流し「WELQ」執筆依頼の殺し文句とは?
ニュース
「HiGH&LOW」を読み解くための"ファン座談会"

【「ハイロー」考察本発売記念】ありがとう、ハイロー。ありがとう、HIROさん。――迫害の歴史から解放されしEXILEヲタ座談会

―― ――ハイロープロジェクトが発表されたとき(15年5月の三代目ライブ初日)はどう感じましたか? A アンコール前にいきなり発表されたんです。ストーリーの説明はほとんどありませんでしたが、琥珀さんの「お前...

【「ハイロー」考察本発売記念】ありがとう、ハイロー。ありがとう、HIROさん。――迫害の歴史から解放されしEXILEヲタ座談会
ニュース
高山真の「オトコとオンナとアイドルと」【17】

羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは

―― マルセイユ行きたい…。フィギュアスケートのグランプリファイナルをテレビで見ながら、学生時代に一度行ったきりのマルセイユの街並みを思い出していた私。そんな欲が出てきたくらいに体調も上向きつつあります。

羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは
ニュース
ハイローの考察本が出るって~~~!

【いよいよ12月15日発売!】私共が『HiGH&LOW』考察本を出すまでに至った経緯。

―― 先日、ツイッターの方では告知させて頂きましたが、サイゾーより『HiGH&LOW』考察本が12月15日に刊行されます!

【いよいよ12月15日発売!】私共が『HiGH&LOW』考察本を出すまでに至った経緯。
ニュース
高山真の「オトコとオンナとアイドルと」【16】

フィギュアスケートシーズン開幕に思う、羽生結弦と宇野昌磨のチャレンジ精神

―― フィギュアスケートの本格的なシーズンが始まりました。10月21日からのスケートアメリカ、その翌週のスケートカナダ、このふたつの大会を、私はラッキーにも自宅で見ることができました。癌の治療中でもあります...

フィギュアスケートシーズン開幕に思う、羽生結弦と宇野昌磨のチャレンジ精神
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【5】

幼なじみ、義兄弟、闇堕ち…『HiGH&LOW』を見た腐女子が読み返すべき傑作BL40選

―― ドラマシリーズの総集編として5月に2周間限定で劇場公開された『ROAD TO HiGH&LOW』。その舞台挨拶の際、九龍グループ家村会の幹部役を演じた橘ケンチ氏(EXILE THE SECOND所属)...

幼なじみ、義兄弟、闇堕ち…『HiGH&LOW』を見た腐女子が読み返すべき傑作BL40選
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【4】

『HiGH&LOW』は対ジャニーズ連合軍か!? テニミュ、ジュノンボーイ、メンノンetc…イケメンカルチャーの集大成を見た!

―― 『HiGH&LOW THE MOVIE』の中で1番印象に残るシーンといえば、世紀の大決戦シーンである。SWORDと呼ばれる5つの不良チームの前に、今作のヒールであり絶対無敵の琥珀(AKIRA)、さらに...

『HiGH&LOW』は対ジャニーズ連合軍か!? テニミュ、ジュノンボーイ、メンノンetc…イケメンカルチャーの集大成を見た!
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【3】

俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!

―― 藤谷 映画本編の話に戻すと、2000年代以降の不良マンガ、たとえば『QP』や『莫逆家族』、『サムライソルジャー』がそうだったように、不良のグループでカリスマだった人が大人になれないというストーリーって...

俺たちは劇場でEXILEとタイマン張ったんだ――『HiGH&LOW』でHIROが望むのは「親殺し」? 今後の展開を予想する!
第3特集
2016年一番の怪ヒット!? 『HiGH&LOW THE MOVIE』大研究【2】

『HiGH&LOW』は〈国産の海外映画〉である。"EXILEへの偏見"が、かえって映画への没入を加速させた!

―― 今夏、元来のLDHファンのみならず、一部の層にやたら突き刺さった映画『HiGH&LOW THE MOVIE』。一体、何が我々をそんなに惹きつけたのか……? ヤンキーマンガや映画を長年見続けてきたライタ...

『HiGH&LOW』は〈国産の海外映画〉である。
サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」