サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 笑顔で演説の安倍首相を横目に、甘利大臣が「【TPP】はもうイヤだ!」
ニュース
お疲れ気味の甘利大臣が読売新聞を出禁に!?

日米首脳会談の裏で甘利大臣がぼやき節「TPP交渉、もうイヤ!」

+お気に入りに追加

きらびやかな歓迎式典の陰では……

東京都内のコインロッカーが前面使用禁止になるなど、厳戒態勢が敷かれたオバマ大統領の三度目の訪日。しかも今回は前2回とは違って国賓対応となったことで、多くの歓迎式典なども開催され派手な報道もなされた。しかしその陰で、TPP担当大臣のアノ人はずいぶんとお疲れだったご様子なのだが、さて、その真相は……?

A:経済専門誌中堅記者 
B:全国紙経済部デスク
C:全国紙政治部中堅記者
D:テレビ局経済部若手記者

1406_az_tpp.jpg
『図解 だれでも簡単にわかる! 日本の食とTPPのしくみ』(綜合図書)

A 今年のゴールデンウイークは、大臣の海外外遊ラッシュでしたね。安倍晋三首相が欧州6カ国を歴訪したのを筆頭に、安倍内閣の8割に当たる15人の閣僚が海外に出たとか。

B 相変わらずの安定与党で、政権を揺るがしかねない案件もないから、ここぞとばかりに海外行脚に励んだというわけか。それに、夏にも内閣改造がありそうだから、交代が噂される石原伸晃環境大臣や新藤義孝総務大臣あたりは思い出作りの意味合いもありそうだな。

C 例年ゴールデンウイークに外遊する大臣は多いんだけど、今年は国内居残り組が菅義偉官房長官、谷垣禎一法相、古屋圭司国家公安委員長の3閣僚だけ。政治部や経済部の各省庁担当記者は、ゴールデンウイーク返上で大臣のお供に世界を飛び回った。

D 外遊の同行なんて観光する余裕もないですから、家族や恋人の機嫌を損ねるだけ(苦笑)。1回の外遊で数カ国を訪問するから、現地に着いてホテルにチェックインしたら、すぐに大臣の訪問先についていって、それが終われば事務方のレクチャーを受けて原稿執筆、その後ホテルの部屋でちょっと寝たらすぐに次の国に出国。さらに時差の関係で、日本の締め切り時間通りに原稿を出せるか常にヒヤヒヤですからねえ……。

C 総理の外遊取材だったら用意されている政府専用機に乗り込むだけで済むんだけ【1】どねえ。

B しかも、ウン十万円も使って同行しても、大臣クラスの出張じゃあ大きな案件もないから、たいした原稿も出てきやしない。最近はどの新聞社も経営難だからコスト重視で、あまりにもつまらない外遊には、付き合わない社も少なくないからね。

C でも、外遊をアレンジする官僚も必死【2】。同行記者があまりに少ないと大臣にキレられるから、少しでも同行記者を増やそうと必死にアピールしてきますからね。それで悲惨なのは、ある大臣の海外出張にしぶしぶついていったら、同行してなかった某紙のほうが1面トップで「◯◯大臣がA国で条約締結を表明」なんてスクープ。デスクからは「なんで同行してない社に負けるんだ!」とドヤされたことも……。

MEMO『甘利大臣』
自民党所属の政治家で衆議院議員の甘利明氏のこと。第2次安倍内閣のもとでTPP担当大臣に就任。13年12月に早期舌がんが発見され首相に辞任を申し出た  が強く慰留されたという。

B 外交というと、4月下旬のオバマ大統領の訪日は盛り上がったな。ワイドショー的には銀座の高級寿司店「すきやばし次郎」での寿司屋会談ばかりが注目されたが、我々マスコミはTPP取材で駆けずり回っていたな。

A 全国紙やテレビは、政治・経済・外報部が総力戦で取材に当たったようですね。各社が追いかけたのは、オバマ大統領と一緒に来日して甘利明・TPP担当大臣と交渉に当たった米通商代表部(USTR)のフロマン代表。フロマン代表はハーバード大学時代からのオバマ大統領の友人で信頼が厚く、ハーバードのロースクールを首席で卒業、通商交渉を取り仕切るUSTRのトップとしてTPP交渉を取り仕切ってきた人物。弁護士出身とあってとにかく細かい性格な上に疲れ知らずで、日米首脳会談前日の23日の協議は、なんと翌午前3時にまで及びました。

C 翌日に首脳会談や歓迎式典も控えていたため、どうするつもりなのか甘利大臣が尋ねたら、フロマン代表は「寝ないで朝まで【3】やればいいだろう」と言い放ったとか。甘利大臣も周辺に「人間のやることじゃない」とボヤいていて、事務方は「少しでも寝かせてあげたい」と大臣を気遣っていた。彼は昨年末に早期の舌がんのため入院していますからね。

お疲れ気味の甘利大臣が読売新聞を出禁に!?

B フロマン代表は報道にも厳しくて、TPP交渉に関して日本メディアが何かスクープを打つと、「あの報道はなんだ」と日本側に怒って交渉がイチからやり直しになることもあったと関係者がぼやいてたな。アメリカ側も農業団体などからプレッシャーをかけられているから、米国側が折れたなんて報道が出ると、「本当なのか」とドヤされるらしい。政府と政治家が圧力団体にビクビクするのは、日米とも同じなようで(笑)。

A 驚かされたのは、日米首脳会談後の共同声明が発表された4月25日付夕刊。各紙が「日米TPP合意に至らず」と報じたのに対し、読売だけが「日米TPP実質合意」と、正反対の見出しを派手に掲げたこと。菅官房長官や甘利大臣も「大筋合意とはいえない」と否定したけど、読売は5月2日付朝刊1面トップでも、「前夜には決着 声明、表現だけ保留」と強気の姿勢を崩さなかった。

D 読売は、4月20日付朝刊1面で「牛肉関税9%以上」との条件で日米交渉が折り合ったとスクープしたけど、甘利大臣が「誤報だ!」と立腹して読売を出入り禁止にする騒動もあったね。

C 読売の一連のスクープは、官邸がネタ元だという噂がある。日米首脳会談の成果を大きく見せたい官邸側が、読売に「発表では実質合意という言葉は使わないが、実際には決着している」と伝えたとか。

B いずれにせよ、安倍政権の公約「農産物重要5品目を関税撤廃の対象から除外」とは開きがあるから、仮に報道されたような内容でTPP交渉がまとまったとしても、国内対策で大変なことになるだろうな。

C でも当の安倍首相はそんなことはお構いなしで、4月26日から千葉の幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議3」に参加するなど、PRに熱心だったな。自民党の出展ブースに置かれた痛車の街宣車に乗り込んで演説までしてました。

B まあネット住民へのPRもいいけど、TPPや原発問題、成長戦略など山積している課題にちゃんと取り組んでもらいたいもんです。

A 原発の稼働停止で経営悪化している電力会社が、電気料金の再値上げを進めようとしているのも大きな問題ですよ。13年9月に電気料金を値上げした北海道電力が今年2月に「再値上げを検討する」との方針を表明しましたが、政府は「電気料金の値上げは景気を冷え込ませる」と、水面下では大慌て。北海道電力幹部を呼んで「値上げは許さない」と迫ったとかで、最終的には同じく財務状況が弱っている九州電力と共に日本政策投資銀行から資本支援を受け入れることで当面は値上げを回避する方向に落ち着きました。政投銀といえば政府の100%出資機関ですから、電力各社は「我々への政府関与がますます高まる。これでは東電の二の舞いになるのでは」と危機感を強めていますよ。

D 政府は4月に閣議決定したエネルギー基本計画でも原発再稼働の方針を示していますが、世論の反発を恐れて、「どのように再稼働するか」ということをはっきりとさせていませんよね。原子力規制委員会が安全審査に対して合格を出したら「自動的に再稼働する」とか政府は説明していますが、これでは責任放棄といわざるを得ないですよ。

B TPPも原発も、政府のはっきりしない姿勢が混乱を生んでいるようだな……。

(編集部)

【1】政府専用機に乗り込むだけ
専用機に乗り込めば済む首相の外遊取材と違い、大臣レベルの外遊への同行では民間機が使われる。そのため記者も自分で航空券やホテル、ビザの手配などを済ませる必要があり、面倒極まりないらしい。しかも大臣の出張日程はギリギリに発表されることが多く、そもそもビザの手続きが間に合うかヒヤヒヤさせられることも多いとか。

【2】官僚も必死
ロクな発表案件もないのに大臣の個人的な思い入れだけが大きい外遊の場合、帯同するメディアもますます少なくなるため、官僚はなおのこと必死になる。役所の担当部局の課長あたりが「今回は絶対に行ったほうがいい。行かないと後悔する」くらいの勢いで何度も電話をかけてくるのだとか。それを真に受けてデスクを説得して同行取材をしても、ろくな記事が書けなければ結局はデスクにドヤされるというワケなのである……。

【3】寝ないで朝まで
さらに、首脳会談後の24日午後に再開された協議では、フロマン代表がスターバックスのコーヒーを持ってきて、「昨日寝ていないだろう」と甘利大臣らにふるまったとか。「あいつらは狩猟民族だから、獲物をできるだけ弱らせて仕留める気だ」とは、ある政府関係者の弁。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ