サイゾーpremium  > 連載  > クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング  > 【クロサカタツヤ】iモードとLINEのせいで日本人がスマホを断絶している?
連載
『クロサカタツヤのネオ・ビジネス・マイニング』第6回

実はスマホ後進国の日本――iモードとLINEのせいで日本人が断絶している?

+お気に入りに追加

通信・放送、そしてIT業界で活躍する気鋭のコンサルタントが失われたマス・マーケットを探索し、新しいビジネスプランをご提案!

 猫も杓子もスマホの昨今、毎日のようにアプリや新サービス、新型スマホの話題に事欠かず、スマホビジネスは「儲かるビジネス」の代表格と見られている。ところが、スマホの普及率は、いまだ5割に届いていないのだ(2014年4月現在)。実は日本人の多くはまだ従来型ケータイで、スマホへの移行も鈍化しており、日本は従来型ケータイとスマホの間で、分断されつつある。ケータイ業界の内部事情と裏側から、日本のマス崩壊を解き明かす。

1406_kurosaka_01.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。※2014年3月末時点の日本のスマートフォン契約数は、5734万件で端末契約数の47.0%にまで上昇(MM総研調べ)。

クロサカ 今回は僕も仕事で深くかかわっているケータイ業界について、ケータイジャーナリストの石野純也さんに伺います。いきなりですが、スマホは日本で普及しているんですか?

石野 昔よりは普及しているけど、海外と比べて普及していないですよね。東京だけで見ていると普及しているように見えますけど。

クロサカ やっぱり! 東京だと、むしろスマホじゃないと人間じゃないくらいの状況ですが、地方だと仙台くらいの都市でも、スマホ普及率は5割に届いていないんじゃないかな。

石野 僕も同じ感覚です。理由として、多くの人がそんなにアプリを必要としていないのだと思う。以前、浜松に住んでいる弟が、初代のXperiaを買ったけど「使わない」と言うんです。なぜなら「マップがなくても行くところはわかるし、鉄道に乗らないので乗換案内もいらない。ネットを見るのは家のパソコン」から。つまりスマホって、電車移動が多い都会のライフスタイルにフィットしたものなんですよ。

クロサカ でも、車社会のアメリカでは、日本以上にスマホが普及していますよね。

石野 アメリカにはiモードがなかったのが大きいですね。SMSはあったけどケータイ同士だけで、パソコンの電子メールとは互換性がなかった。だからiPhoneが出る前には、パソコンの電子メールと互換性があったブラックベリー【1】がビジネスマンにはやった。そしてiPhoneで、パソコンと同じようにメールが送れてネットが見られるということで、普通の人も飛びついた。だから、アメリカでのiPhoneのインパクトって、日本におけるiモードみたいなものだったかもしれない。

クロサカ ということはスティーブ・ジョブズ【2】は、アメリカ版夏野剛【3】さんということなのか。

石野 でも、ドコモの500iシリーズって、すごかったですよね。あんな機械的に付けられた型番が一般の人にブランドとして受け入れられていましたから。

クロサカ 確かにすごかった! そう考えると、あの頃はiモードこそマスでした。それと比べて、今のスマホはマスと言えるのでしょうか?

石野 iPhoneがこれだけ普及したけど、まだマスではない。おそらく、従来型ケータイがなくならない限り、出荷台数もどんどんペースが落ちていくのでしょう。従来型ケータイは、ちょっとしたスマホ並みの機能を備えているので、アプリを必要としない人たちは、料金も上がるし、スマホに乗り換えるメリットがないんですよね。

クロサカ 実は地方では、パケット定額サービスに未加入の人が多いです。メールが日に数通、たまのネットはせいぜいヤフーと楽天。全部従来型ケータイで済みますね。海外だと、そういったことすらスマホが必要。見方を変えると、日本はそもそも「スマホ」(と同じサービスの)普及率が100%なのかもしれません。

石野 一方で、従来型ケータイって、どんどん値段が上がっていますよね。もはや数が出ないし、作れるメーカーも減ってしまいました。サービスも、ヤフー、楽天、あとツイッターくらいまでは従来型ケータイで使えるけど、いつまでも続けるとは限らない。実際、グーグルはさっさと脱従来型ケータイに舵を切っちゃいました。従来型ケータイ周辺のエコシステムが崩壊し始めている。

 あと、従来型ケータイが残り続けることで、最も大きい問題がメールです。

クロサカ そうなんですよ! 子どもが小学校に入るとPTAの活動があるんですが、親同士の連絡が大変。従来型ケータイしか持っていない親御さんはまだまだ多いし、Gメールから送るとフィルターではじかれてしまう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』