サイゾーpremium  > インタビュー  > 【大沢樹生×諸星和己】──不仲説を打ち破り邂逅した“光GENJI”たち
インタビュー
ミッキーとかーくんがタッグを組んだら…?

【大沢樹生×諸星和己】20年のブランクを埋めるオファーに、言葉は要らなかった──2人の男の邂逅

+お気に入りに追加

――“最後の真のアイドル”とも言われるレジェンド・光GENJIのメンバーであった2人が、20年ぶりの共演を果たした。それぞれの環境の変化や苦難を経て、再び相見えた男たちの心中いかに──。

1406_moroboshi_01.jpg
(写真/有高唯之)

 光GENJI──1980年代後半から90年代にかけて一世を風靡した伝説のアイドル。解散からおよそ20年経った今、グループの中でも抜群の人気を誇った諸星和己を主演に迎え、大沢樹生が初監督を務めた映画『鷲と鷹』が公開される。光GENJIの解散後、不仲説すら噂されてきた2人の共演が耳目を引く中で、諸星が演じるのは新米刑事・鷹村。大沢も、鷹村とかつて思春期を共に過ごしたヤクザの若頭・鷲尾として登場する。

大沢「男同士の友情、警察とヤクザの癒着、そして薬物撲滅のメッセージ……監督1作目はブレずに筋の通った作品を撮りたかった」

 近年の大沢はさまざまな作品にプロデュース等でも関わるなど、精力的に活動してきた。それらの作品を、諸星はどう観ていたのか。

諸星「いや、僕はまったく観てないです。もともと映画は飛行機の中でちょっと観るぐらいだし、どれもつまんねえなって。そもそもここ10年以上、日本にはほとんどいませんでしたから。今回の話が決まったあとも、別にヤクザ映画を観たりはしてないですよ。観たことで『こういう感じなんだ』っていう固定観念がつくのが嫌だから」

大沢「今回企画と構想を練るときに思い浮かべたのは、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロが共演した『ヒート』という映画で。今回脚本をお願いした室賀厚さんには『あの男同士の関係性、2人の男が同じ存在感を放っている映画』というイメージをお伝えしました。そして僕のほうはすぐに諸星さんの事務所の連絡先を調べて、その役をオファーしました。光GENJI解散以降は、積極的にメンバーの情報を得ようとは思っていなかったから、連絡先もわからなかった。それは諸星さんも同じだと思います。でも今回は諸星和己という存在感がほしかった」

 言うまでもなく、2人の間には、ここでは語り尽くせないほどの濃密な時間が流れている。

諸星「20年間、一言も口をきいていない状態でオファーをしてくるってことは、相当の覚悟でしょう。断る理由はない。彼が僕に何を望み、どう応えるべきか、答えは最初からそこにありました」

 諸星演じる鷹村は、正義感が強くまっすぐすぎる性格ゆえ、要領の悪い新米刑事。このキャラクターについて「自分とは正反対で苦労しました。僕はなんでも器用にこなしちゃうタイプだから」と語る諸星。対して「キャラクターの細かい部分は諸星さんにお任せで作り上げていただきました」と大沢。取材中、ふと「でも諸星さんが刑事の役って、ちょっと意外でした」と口にすると、すかさず本人に「そんな不真面目に見えますか?」と切り返された。

大沢「企画段階では、諸星さんがヤクザというのも考えていたんです。でも茶髪のヤクザはいないよなぁ……と思い、かといって黒く染めてくれるとも思えないし。結果、諸星さんにしか演じられない最高の刑事役になりました」

 そこで気になるのは、作品の評価の前にどうしても、話題性が先行してしまうことについて。

大沢「それは仕方ないですね。制作発表のときも、ちょうど僕自身のプライベートにおける別の件が重なったこともあり、売名だとか散々言われましたから」

諸星「かつての僕らを知っている方が、この映画を観て当時の気持ちを思い出してくれても全然いいんですよ。グループが解散して20年近く経っているのに、いまだにローラースケートのイメージを重ねている人もたくさんいる。それはもうしょうがない。それより、僕ら2人が手を組んでこの作品を作り、それを観てどう思ったのか、その気持ちを大切にしてほしい。いま考えても、よくこの企画をやろうと思ったなって感じですから。ボロクソ言われることには慣れてるし、もし映画通の方が観て内容が気に入らなかったら、どんどんダメ出ししてほしいですね」

(文/おぐらりゅうじ)

大沢樹生(おおさわ・みきお)
1969年、東京都生まれ。1987年~94年まで光GENJIのメンバーとして活動し、ジャニーズ事務所を退社。俳優に転じる。ドラマ、映画などで存在感を発揮している。

諸星和己(もろほし・かずみ)
1970年、静岡県生まれ。95年の解散まで光GENJIのフロントマンとして活躍したのち、事務所を退社してソロ活動へ。近年は生活の拠点をアメリカに移し、舞台やライブ活動を行っている。

『鷲と鷹』
警察官と極道という、正反対の道を歩む幼馴染の鷹村和也と鷲尾誠司。鷹村は麻薬取締法違反の現行犯逮捕で念願の刑事に昇進する。それは、彼の願いをかなえるべく鷲尾が仕組んだことだった。やがて鷲尾の所属する組織が抗争に入り、2人の運命も翻弄されてゆく。
監督/大澤樹生 脚本/室賀厚出演/諸星和己、大沢樹生、田中律子ほか 企画・宣伝/オールインエンタテインメント 配給/ユナイテッドエンタテインメント 5月24日より新宿ミラノほか全国順次公開予定

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ