> ホリプロの検索結果

ホリプロ の検索結果

ニュース
【premium限定連載】芸能ジャーナリスト・二田一比古の「週刊誌の世界」

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦

――  世代交代で揺れる「ジャニーズ事務所」の動向をライバル事務所は冷静に見つめているという。某芸能でプロ幹部が話す。

ドラマ界を仕切るホリプロvsスターダストの頂上決戦
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

関ジャニ∞・村上&小島瑠璃子の熱愛で芸能界再編!? ホリプロと“新SMAP事務所”カレンが急接近か

―― 10月27日発売の「フライデー」(講談社)が、村上と小島の“お泊まり愛”をスクープ。記事によると、小島は仕事後に村上のマンションに向かい、半月に2~3回のペースで逢瀬を重ねているという。

関ジャニ∞・村上&小島瑠璃子の熱愛で芸能界再編!? ホリプロと“新SMAP事務所”カレンが急接近か
ニュース
【premium限定ニュース】

綾瀬はるか、石原さとみとの“三つ巴”を制してホリプロの看板女優の座をゲットしそうな勢いの演技派・高畑充希

―― 「とにかく同世代の女優では演技力が飛び抜けている。まだ事務所サイドもギャラを上げていないので、今が使いどころ。CMでもクライアントが起用したい女優として5本の指に入るのでは」(広告代理店関係者)

綾瀬はるか、石原さとみとの“三つ巴”を制してホリプロの看板女優の座をゲットしそうな勢いの演技派・高畑充希
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

板野友美 AKB48卒業決定で明らかになったTAKAHIROとの「デート発覚」事件

――  年内いっぱいで『AKB48』を卒業することが明らかになった板野友美。先日ブログで、約7年2カ月間にも及んだ活動期間を振り返り、「活動してきた7年の間に辛くてやめたい、逃げ出したいと思い卒業を考えた事...

板野友美 AKB48卒業決定で明らかになったTAKAHIROとの「デート発覚」事件
第1特集
選手と事務所のオイシイ関係【2】

ロンドン五輪最大の狙い目は体操・田中理恵!? 五輪選手に取り入る芸能プロの旨み

―― 数年来、日本のスポーツビジネス界においては、アスリートのマネジメントを行う事務所の存在が取りざたされている。1990年代前半から少しずつ始まったこの動きは、00年代中盤、PR会社サニーサイドアップがサ...

ロンドン五輪最大の狙い目は体操・田中理恵!? 五輪選手に取り入る芸能プロの旨み
第1特集
選手と事務所のオイシイ関係【1】

芸能事務所に所属するメリットは芸能人に会えること? 知られざるマネジメント事務所のオシゴト

―― 中田英寿と、彼を支えたサニーサイドアップの活躍以降、スポーツビジネスにおいて一気にフィーチャーされるようになったのが、アスリートのマネジメントを手がける事務所の存在だ。なでしこジャパンや競泳選手などが...

芸能事務所に所属するメリットは芸能人に会えること? 知られざるマネジメント事務所のオシゴト
第1特集
芸能プロの"ザル"財務事情【2】

やっぱりエイベックスはケタ違いの経済力!? 上場芸能プロの財務通信簿

―― ──現在、廃止を決定したホリプロ含め3社の芸能プロが上場しているが、その財務状況...

やっぱりエイベックスはケタ違いの経済力!? 上場芸能プロの財務通信簿
第1特集
芸能プロの"ザル"財務事情【1】

投資家から見たら理解不可能? ホリプロ上場廃止で見えた語られざる芸能界"経済"裏面史

―― ──テレビ・広告業界の不況の波が、芸能プロダクションにも押し寄せている。2010...

投資家から見たら理解不可能? ホリプロ上場廃止で見えた語られざる芸能界
第1特集
「一億総アイドル化」の光と影【7】

元祖CGアイドルは何度でも甦る!? デビュー12年目を迎えた伊達杏子のデジタル戦略

―― 【1】が96年デビュー当時の伊達杏子。「DK-96」とも呼ばれていた。その後、2...

元祖CGアイドルは何度でも甦る!? デビュー12年目を迎えた伊達杏子のデジタル戦略
第1特集
醜聞にまみれたAKB48の明暗【1】

研究生の実態、所属プロの本音──事務所は太田、狙い目はSDN? AKB48の芸能界サバイバル術

―― ――人気の絶頂にあるAKB48──。だが、彼女たちは毎年行われる総選挙によって、...

研究生の実態、所属プロの本音──事務所は太田、狙い目はSDN? AKB48の芸能界サバイバル術
ニュース
ナベプロを飛び出た歌手への仕打ち

森進一に重鎮の怒り静まらず「おふくろさん」は歌わせない!

―― 『ファンが選んだ森進一 ベストアルバム』  作詞家の故・川内康範さんの怒りを買い...

森進一に重鎮の怒り静まらず「おふくろさん」は歌わせない!
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』