> ジャンプの検索結果

ジャンプ の検索結果

第1特集
マンガ業界噂の真相9連発【3】

美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側

―― 上野の森美術館で開催中の「進撃の巨人展」は、大盛況だという。では、その展覧会は誰にとって一番オイシイのか? そして、美術界ではどう評価されているのだろうか?

美術界は何の恩恵も受けていない!? 講談社が主導権を握る「進撃の巨人展」の裏側
第1特集
マンガ業界噂の真相9連発【2】

スマホで読めるマンガアプリが乱立! ニワンゴのマンガアプリが「少年ジャンプ+」を喰う!?

―― ――集英社が巨額の宣伝費を投入している『ジャンプ+』を始め、大手版元のマンガアプリ参入が続く。IT企業系も巻き込み、アプリは戦国時代を迎えつつあるようだ。

スマホで読めるマンガアプリが乱立! ニワンゴのマンガアプリが「少年ジャンプ+」を喰う!?
第1特集
「週刊少年ジャンプ」は腐女子に媚びたのか?

なぜ「ジャンプ」は変わったのか? フリー化された解釈に見る「ジャンプ」腐女子化の理由

―― 「『ジャンプ』は腐女子に媚びだしてから終わった」──。マンガ好きなら、こうした論調を耳にする向きも多いだろう。だが、これは果たして正しいのだろうか? 消費社会論と腐女子の消費傾向から、「ジャンプ」作...

なぜ「ジャンプ」は変わったのか? フリー化された解釈に見る「ジャンプ」腐女子化の理由
連載
サイゾー×プラネッツ『月刊カルチャー時評』VOL.2

『バクマン。』──完結を迎えて読み直す、マンガ好きを魅了した作品の巧みさと限界

―― 08年の連載開始以来、「こんなにはっきり内幕を描いても大丈夫なの!?」と話題を集め、いわゆる”マンガ家マンガ”として人気を博してきた『バクマン。』がついに完結した。傑作『DEATH NOTE』の後で、...

『バクマン。』──完結を迎えて読み直す、マンガ好きを魅了した作品の巧みさと限界
第2特集
全男子必読!? このマンガを読めばモテる!【4】

男女の仲を取り持つ青年コミック誌が与えたマンガ文化への影響とは?

―― ──マンガ文化において近年著しい、読み手・描き手の相互乗り入れ。青年誌だったはず...

男女の仲を取り持つ青年コミック誌が与えたマンガ文化への影響とは?
第1特集
「ジャンプ」元編集長にして「バンチ」立ち上げ人、堀江信彦氏が吠える!!

あの大御所がマンガ家に緊急提言「自分のためになど描くな!!」

―― 堀江信彦氏。  90年代に歴代最高の653万部を達成した「週刊少年ジャンプ」5代...

あの大御所がマンガ家に緊急提言「自分のためになど描くな!!」
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』