サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ASAP NE-KO】猫がお好きなマッシュアップ職人
インタビュー
P様の匣

【ASAP NE-KO】庶民的であり得そうなのにあり得ない、誰もが羨むセンスで唸らす表現者

+お気に入りに追加

――『いないいないばあっ!』の人気キャラ・うーたんとウータン・クランが仮想コラボを実現させたり、好き放題にクリエイト(マッシュアップ)するYouTuberの正体を暴く!

2210_cyzo_P_220935NEKO_0023.jpg
(写真/宇佐美 亮)

『サザエさん』(フジテレビ系)のOP曲をオケにカップヌードルについてラップするCMを見たことがあるだろうか。今夏から放送されている日清食品『シーフードヌードル』新CMだ。しかし、それから約1年ほど前、非常に似ている動画がバズっている。平和でほのぼのとした 『サザエさん』のトラック上でドクター・ドレーとスヌープ・ドッグが〈俺たちは今も世界中のギャングスタ代表〉とラップする、『サザエさん』×ドクター・ドレー「Still D.R.E.」のマッシュアップだ。両者ともに『サザエさん』の同曲/同部分を使い、ラップの譜割りまで酷似している。ここまで似てしまっては、たとえマッシュアップとはいえ、制作者の心中は穏やかならぬことだろう。制作者の名は〈A$AP TAKAHASHi〉改め〈ASAP NE-KO〉。コロナを機に約2年前から主にマッシュアップ動画を公開しているYouTuberだ。それらの作品は非常にユニークで、「キユーピー3分クッキング」×スヌープ・ドッグ「Drop It Like It's Hot」、YOASOBI「夜に駆ける」×スパンカーズ「Sex On The Beach」など、普遍的かつ庶民派なネタを扱いながら、往年のクラシックや近年人気が出たタイプの楽曲も取り込む。その着眼点からも彼の開かれた感性が見え隠れする。チャンネル登録者数は執筆時で約5万人。早速彼に日清のCMについて聞いてみた。

「普段はフリーのデザイナーをやっているんですが、いろんな人の意見を踏まえて修正を重ねると、出来上がりが何かにそっくりになることってありますよね」と、自らの業務と重ね合わせる回答が。「もしやCM制作会社のスタッフですか?」という問いには否定。「僕が勝手にやってるだけなので」とかしこまった態度である。ひとまず普段の仕事がわかったところで、謎めいている活動内容についても問うた。

「もともとラップをやってたんですけど、コロナでライブができなくなってしまい、在宅でもできる何かを考えていたらマッシュアップ動画がウケるかなと」と活動を振り返る。ラッパーネームを聞くと「適当にエイサッピーとかでした」とはにかむ。 「今45歳なんですけど、ラップを始めたのは40歳から。それまではロックバンドのドラムをやっていまして、ミクスチャーが流行った世代なので、ラップも好きで聴いていたけど、本職としてやる覚悟を決めない限り、(ラップに)手を出してはいけない気がしていて」と低姿勢を貫く。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年10・11月号

比較で知る「日本の国葬の異常性」

比較で知る「日本の国葬の異常性」

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ