サイゾーpremium  > 特集  > 裏社会学  > パンチパーマとアイロンパーマの【勃興史】
第1特集
「悪い髪型」の変遷【2】

コワモテの象徴! パンチパーマとアイロンパーマの勃興史

+お気に入りに追加

――本文では紹介しきれなかったが、「悪い髪型」といえばこれらである。日本独自の髪型はどうやって誕生し、なぜ廃れていったのか?

かつて、不良だけではなく、ヤンチャな人たちの髪型の代表格とされていたのものには、「パンチパーマ」や「アイロンパーマが」ある。

パンチパーマの発祥には諸説あるが、北九州にある理髪店が生み出した髪型が原型とされている。ヘアアイロンを改良してパーマのかかりを強くし、黒人の髪形をヒントに編み出したため、「ニグロパーマ」と呼ばれることもある。

ちなみに、パンチパーマは丸いヘアアイロンを使って髪の毛を巻いていくが、アイロンパーマは平らなコテで巻く。今でこそ、あまり見かけることのない髪型だが、一体なぜこれらのパーマは全国各地で受け入れられたのだろうか?

「パンチパーマやアイロンパーマは薬を付けて髪の毛を焼いているわけですが、これらはヘルメットをかぶっても崩れないヘアスタイルなんです。どんなヘアスタイルも帽子をかぶったら、すべてがダメになりますよね。だからこそ、土木や野球選手など、ヘルメットを常にかぶっている人たちが好んでいたのは、そういうところにあるのではないかと思います」(操作氏)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ