サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【鈴木ふみ奈】イベントレポート

グラビアアイドルの鈴木ふみ奈さんが10年ぶりに本誌「月刊サイゾー」の表紙に出演したことを記念し、1月23日に書泉ブックタワーでお渡し会が開催された。

2202_sf_owatasi_837A8791.JPG

1月18日に発売された「サイゾー1・2月号」では「狂騒のSDGs」と題し、大胆かつユニークな⾓度から「SDGs(持続可能な開発目標)」を徹底的に解剖。鈴木さんは本特集にちなんでヒョウ柄の毛皮のコートなど「フェイクファー」を使った衣装に身を包み、8ページにわたって巻頭グラビアを飾っている。

鈴木さんはイベント前のプレス向け取材会で、第一線で活躍し続けてきたグラビアという仕事に対する向き合い方の変化や、今回の撮影の感想などについて語った。

フェイクファーの衣装で挑んだ撮影

2202_sf_owatasi_837A8894.JPG

近年、日本でも意識的な取り組みが活発化しているSDGs。「サイゾー1・2月号」の特集ではその基本的な概念から問題点、陰でささやかれる陰謀論、さらには17項目の開発目標からマッピングするジブリ作品など、身近にSDGsを学ぶ内容となっている。

「サイゾーさんのグラビア大好きなので、またこうやって表紙を飾る機会をいただけて、とても嬉しかったです。本当にサイゾーさんの表紙はその年のめちゃくちゃ旬な子が選ばれているイメージがあるので」と、10年ぶりに本誌の表紙を飾った感想を語った鈴木ふみ奈さん。この10年の自身の歩みを次のように振り返った。

「最初の頃は『グラビアが好き』『楽しい』という気持ちだけでしたが、この10年でより自発的に主体性を持って、グラビアを通じた表現をしていきたいと考えるようになりました。サイゾーさんはメッセージ性が強いグラビアが多いし、そういう方向を私も目指していけたらいいなと思っています」

今回の鈴木さんが挑んだ表紙・巻頭グラビアの撮影は、SDGsの17の目標の中でも15番目の“陸の豊かさも守ろう”がコンセプト。

ヒョウ柄のレオタードやヘビの革製に見える衣装など、着用した衣装は本物の動物のものではなく全て“フェイクファー”となっている。動物を乱獲して製品を作るのではなく、代替品もあることをアピールすることで、生態系や自然環境の保護へのメッセージを込めた。

2202_sf_owatasi_837A8889.JPG

「普段、自分が洋服などを選んでいるときは意識しない人もまだまだ多いと思うんです。でも、いまは本物にかなり近い代替品が多いし、わざわざ本物の毛皮などを選ぶのではなく、こうした代替品が選択肢になれば、世界がより良い方向に変わっていくんじゃないかなと感じました」

鈴木さんはミス・ワールド・ジャパン出演した際、ファイナリストとしてSDGsに関するプレゼンをした経験もあり、もともとSDGsへの関心は高かったそうだ。

「その時はジェンダー平等についてのプレゼンをしたんですが、私もせっかく人前に立つようなお仕事しているので、もっとSDGsについて発信していけたらいいなと、ずっと感じていました。なので、今回のお仕事に携われて光栄でしたし、こうしてグラビアで伝える方法があるんだと、私も新しい学びがありました(笑)」

特にお気に入りのカットは「パンダの着ぐるみのショット」とのことで、早速チェックしたファンからの評判も上々のようだ。

「私もグラビアけっこう長いですが、雑誌のお渡し会って実は経験したことがあまりないんですよね。グラビアのイベントってハードルが高いものも多いなとも感じていたし、より気軽に参加してもらえる今回のようなイベントは私もやってみたかったので楽しみです」とも語った鈴木さんだが、最近は俳優業にも活躍の幅を広げている。

2202_sf_owatasi_837A8803.JPG

昨年12月から公開されている園子温監督の映画『エッシャー通りの赤いポスト』に出演。2月12日放送のドラマ『おいハンサム!!』(東海テレビ)の第6話にも登場する予定だ。

「演技も頑張っているので、そちらもぜひチェックしてくれたらうれしいです。今まで見たことがないようなグラビアにも、これからどんどん挑戦していきたい。『何かメッセージを人に伝えるようなグラビアって素敵だな』と、今回のお仕事を通して感じたので。……まずは人生初のふるさと納税で最近ゲットした青森県むつ市の返礼品、ホタテの貝殻を使ったビキニを披露する機会が近々あったらいいなと思います!」

(写真・文/伊藤綾)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年8・9月号

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ