サイゾーpremium  > 連載  >   > DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【11】
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【11】

クレイジーすぎる表裏一体人生論

+お気に入りに追加

――ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。

2111_P126-127_017_520.jpg
(写真/岩澤高雄[The VOICE])

DJ DARUMA(以下、D)職権乱用でお呼び立てしてしまいました。早速なんですが、ゴンザレスさんはもともと考古学を専攻していて、その時に「神の手」騒動(旧石器捏造事件)が起きて、「人の持つ闇に興味が湧いた」というのは本当なんですか?

丸山ゴンザレス(以下、M) 糸を解きほぐすと、ちょっと違うんですよ。もともと人の抜け道といいますか、心の裏側に興味があって。特に犯罪に関わることなら、なおさら秘密を覗いてみたいなと。考古学の分野でも普通の勉強に加えて、盗掘や贋作作りに興味があったんです。それで大学3年か4年のときだったかな、その事件が起きて、「考古学専攻してるんだ? 神の手でしょ」って結びつけられ方をする時代を経験し、真っ当な考古学の道に進むのもなんだなー、と思い。とりあえず修士号は取ったけど、学業をドロップアウトしたもんだから行く先もなくなり、社会からはじかれていました。

JOMMY(以下、J) 具体的に“はじかれた”とは?

M もはや教師や大学教員、研究者を目指していたわけでもないので、無職と日雇いを繰り返してました。例えば、コインロッカーから別のコインロッカーまで中身を見ないで運ぶ仕事とか。

J そんなバイトが!(笑)

M ヘンなバイトばっかりしてましたよ。でも、そこから警察になった仲間もいましたけどね。

J そのあとにライター業を?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年12月号

純度100%の片寄涼太グラビア

純度100%の片寄涼太グラビア

NEWS SOURCE