サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第158回
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第158回

『イン・ザ・ハイツ』NYの高級化に巻き込まれる移民たちの希望

+お気に入りに追加

2108_3b8e52635921a021_520.jpg

『イン・ザ・ハイツ』


大ヒットミュージカル『ハミルトン』のリン=マニュエル・ミランダが若き日に制作した作品。ニューヨークの片隅で暮らす、移民たちの悲哀と希望を『クレイジー・リッチ!』の監督が描く。

監督:ジョン・M・チュウ、出演:アンソニー・ラモス、コーリー・ホーキンズ、レスリー・グレイスほか。7月30日全国公開。


『イン・ザ・ハイツ』はトニー賞を受賞したブロードウェイ・ミュージカルの映画化。アメリカで大ヒットしたミュージカル『ハミルトン』の脚本、作詞、作曲、主演をこなした天才リン=マニュエル・ミランダ25歳の時の作品。彼が生まれ育ったワシントン・ハイツ(マンハッタン島の西の北端)のバリオ(中南米系移民街)の日常を描いている。

ラテン系の人々の現実を最初に描いたミュージカルは1957年初演、61年に映画化された『ウエスト・サイド物語』だった。マンハッタン南西部のヘルズ・キッチンに住むプエルトリコ系の若者とポーランド系の不良グループとの抗争を描き、センセーションを起こした。彼らはそれまで舞台劇や映画には出てこない人々だったからだ。

それから60年。何が変わり、何が変わってないのか。

『イン・ザ・ハイツ』の主人公ウスナヴィは、ボデガ(コンビニ)の若きオーナー。父はドミニカ出身で、アメリカに移民した時に見た、船の文字を息子に名付けた。US・NAVY(アメリカ海軍)、ウスナヴィと。

夏の日の朝、ウスナヴィは店を開き、シャッターを開けてコーヒーを淹れる。この街に暮らすヒスパニックたちの朝もインサートされる。建設現場、清掃、レストラン、縫製工場、ネイルサロン、看護師……マンハッタンを陰で支える低賃金労働者たちが歌う。

「1日が始まる。今日も戦いだ。借金はかさみ、請求書はたまる。ハイツでは何もかも高くなる」

『ウエスト・サイド物語』でも「アメリカでは何もかも高い」と歌われたが、2000年以降はさらにひどいことになっている。マンハッタンでは年収数千万円のエリートたちが家賃を吊り上げ、ヘルズ・キッチンはすでにアパートの家賃が月30万円以上に跳ね上がった。低賃金のラティーノは追い出された。いわゆるジェントリフィケーション(高級化)だ。

その波はワシントン・ハイツにも押し寄せている。「このラティーノの街角もじきに消えていく」とつぶやくウスナヴィは、店の権利を売って母国ドミニカに店を買ってのんびり暮らすことを夢見る。

ウスナヴィが思いを寄せるヴァネッサも、夢を持っている。彼女は近くのヘアサロンで働いているが、ファッションデザイナー志望だ。その夢を叶えるため、マンハッタンの中心部に引っ越そうとする。だが、貧しいラテン系の彼女は、どこからも断られてしまう。彼女が勤めるヘアサロンは家賃高騰のため、安く治安の悪いブロンクスに移転する。

タクシー会社無線係のベニー(アフリカ系)はMBAを取得することを夢見るが、タクシー業界の景気は思わしくない。ベニーの幼馴染、ニーナは大志を抱いて名門スタンフォード大学に進んだが、ヒスパニックへの差別に心折れて、ワシントン・ハイツに帰ってくる。

ウスナヴィの店で働く少年ソニーはヒスパニックの貧しい子どもたちを救うことを夢見ている。だが、彼は大学に行けない。幼い頃、親に連れられてアメリカに不法入国したので市民権がないのだ。

彼らに市民権を与える「ドリーム法案」にオバマ大統領は署名した。だが17年に大統領になったトランプはそれを停止。夢は踏みにじられた。

それぞれの夢と格闘するハイツの人々が色めき立つ。ウスナヴィの店で売られた宝くじに9万6000ドル(約1000万円)の当たりが出たというのだ……。

『イン・ザ・ハイツ』には『ウェスト・サイド物語』のように生死をかけたドラマはないが、キューバのサルサ、ドミニカのメレンゲ、ブラジルのサンバ、それにラップにR&Bなどさまざまなルーツの音楽が混じり合った楽曲は魅力的。中でもハイツの人々からアブエラ(おばあちゃん)と呼ばれて慕われているキューバ系の老婦人がラテン系移民苦難の歴史を歌い上げる「パシエンシア・イ・フェ」は圧巻だ。

監督のジョン・M・チュウ(中国系)はアジア系だけのキャストで大ヒットさせた『クレイジー・リッチ!』に続いて、この『イン・ザ・ハイツ』でマイノリティの映画史をまた一歩進めた。ジェントリフィケーションは止められないけれど。

まちやま・ともひろ
映画評論家。サンフランシスコ郊外在住。『〈映画の見方〉がわかる本 ブレードランナーの未来世紀』 (新潮文庫)、『今のアメリカがわかる映画100本』(小社刊)など著書多数。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ