サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > ほのぼのとさせるおっぱい【1】/【おっぱい系YouTuber】最前線

――昨年からYouTubeで顔は出さずに首から下のみの露出ではあるものの、豊満なバストを強調した衣装で、料理や楽器を演奏する様子を撮影した動画を公開する女性YouTuberが増えている。ここでは真面目におっぱい系YouTuberについて考えていきたい。

2103_P074-077_P76_320.jpg
トレンドをすべてぶち込んで話題になる者もいる。

 今や職業のひとつとしてすっかり定着しているYouTuberだが、市場は飽和状態だ。特に2020年は、新型コロナウイルスの影響で芸能人などの参入が相次ぎ、もはや素人が裸一貫から人気を獲得するにはかなりハードルが高くなっている。

 その結果として、チャンネル登録者数を増やすための手法も先鋭化しているわけだが、中でもひときわ注目を集めているのが「おっぱい系YouTuber」と呼ばれる女性たちである。

 おっぱい系YouTuberとは、その名の通りおっぱいを強調した姿で動画配信を行うYouTuberで、大半が巨乳の女性たちで占められている。動画の内容は多岐にわたるが、代表的な存在としては、アニメキャラのコスチューム姿でピアノを演奏する「Pan Piano」や、体にぴったりフィットする服装でさまざまな料理を披露する「くまクッキング」などが挙げられる。彼女たちの多くは顔を出しておらず、カメラの視点がおっぱいにフォーカスされているのも特徴的だ。

「おっぱいさえ強調すれば何をやってもOK」「顔に自信がなくてもできる」といった汎用性の高さからおっぱい系YouTuberの人口は急増しており、先に挙げた2名の後追いこそ多いが、新たなジャンルも次々と開拓されている。

 そんな彼女たちに対しては「男性の心理をうまく突いている」「発想の勝利」といった肯定的な意見がある一方で、「やり方が下品」「女性を売り物にしている」などの批判的な声も多い。

 しかし、おっぱい系YouTuberが多くのチャンネル登録者数を獲得しているのは紛れもない事実。この潮流について、専門家はどう思っているのか? 巨乳専門の情報サイト「FOB 巨乳動画と画像掲示板」を20年以上運営し、「週刊プレイボーイ」(集英社)や「週刊ポスト」(小学館)などで巨乳評論家として活躍している杜哲哉氏は、こう語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年9月号

NEWS SOURCE