サイゾーpremium  > インタビュー  > 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る
インタビュー
日常の細部を描き尽くす、恋愛映画の問題作!

【土井裕泰】TBS敏腕ディレクターと脚本家・坂元裕二が仕掛ける「恋愛映画」の“問題作”

+お気に入りに追加

――『愛していると言ってくれ』『カルテット』など、90年代から現在に至るまでTBSのラブストーリーを生み続けた敏腕ディレクターが、2020年代に放つ恋愛映画は、ちょっとした問題作だった?

2102_L1140600_520.jpg
(写真/永峰拓也)

 自分の好きなものの固有名詞を出し合って探り合いながら、距離を詰めていく――ポップカルチャーを愛する人なら、こうした恋愛の始まりを一度は経験したことがあるだろう。そんな恋が、そら恐ろしくなるほどのディテールをもってスクリーン上に立ち現れる。それが映画『花束みたいな恋をした』だ。

 脚本を手がけるのは、ドラマ『カルテット』(TBS)や『最高の離婚』(フジテレビ)など、近年だけでも多くの名作を生み出してきた坂元裕二。大学生活の終わり頃に偶然出会った麦(菅田将暉)と絹(有村架純)の5年間の恋を、膨大な固有名詞と共に描き出す。2人は決して、何か大きな事情――例えば余命だとか記憶喪失だとか――を抱えた恋人同士ではない。どんな時代にも存在する、趣味が合って意気投合して恋愛が始まった、ポップカルチャーが好きな若者カップルだ。映画の中で、大きな事件が起きるわけでもない。だけれど、見る者の心の深いところに大きすぎる波を立ててゆく。

 坂元とタッグを組むのは、『愛していると言ってくれ』(95年)、『ビューティフルライフ』(00年)、そして『カルテット』(17年)と、多くの恋愛ドラマを手がけてきた名手・土井裕泰。その監督をもってして「最近では、ありそうでない映画」と語る。

「恋愛モノとなると、2人の間に作劇上の仕掛けが必要とされることが多いんですね。まず、主人公たちにどんな枷や障害を与えるかがありきというか。でも、本当にそれがないとドラマってできないんだろうか? と思っていたんです。今作は日常の生活の細部と彼らの気持ちの動きだけでドラマを描ききったと思っています」

 それを可能にしたのは、やはり坂元の書く脚本の持つ力だ。

「坂元さんは会話で物語を作っていくんです。だからこそ連続ドラマで話数を重ねて人間がどんどん動き出して会話がつながっていく面白さがある。ご自身でもおっしゃっていますが、映画はドラマと違って最初から結末を決めて書かなければなりません。それでもやっぱり今回、彼らの日常の言葉だけでストーリーが伝わっていく。それがメジャーの映画というメディアでできたことは実は大きな挑戦で、意外と問題作なんじゃないかと思ってます」

 本作の主人公たちは若い。互いの好きな映画や演劇を一緒に観て喜び、自己実現のためにもがき、うまくいかずにすれ違う姿は、いい歳になった人間からすればいつかたどってきた道であり、痛みを伴って記憶を呼び覚ます。

「最初は、固有名詞の内容に引きずられた部分もあるんです。なぜなら僕も30数年前は20代のサブカル青年のひとりであったわけで(笑)。でも、僕の個人的なノスタルジーを投影することがないように気をつけていました。おじさんが作った若者の話にはしたくなくて。役者にも『ここはこういう思いで演じて』と指示するのではなく、一つひとつのシーンで彼らが生々しく、嘘がない感情を積み重ねていくことで、俯瞰で見たときにひとつの深いドラマになると信じていました」

 邦画の恋愛モノが苦手な大人は決して少なくないはずだ。でも「恋愛」という出来事の持つ意味は、決してキラキラした運命的なときめきだけではない。それを本作は教えてくれる。

「実は恋愛って、すべてのことが含まれているんじゃないかなって思うんですよね。どういう社会で生きているのか、どうやって人と人がつながるか。ひとつの恋愛を通して描けることは、ものすごくたくさんある。恋愛を描くことは、すなわち私たちが生きている中で感じるあらゆることが網羅された話になるんじゃないかなと思っています」

(文/斎藤岬)
(写真/永峰拓也)

土井裕泰(どい・のぶひろ)
1964年4月11日、広島県生まれ。早稲田大学政経学部卒業後、88年TBS(当時の東京放送)に入局。以降、『テキ屋の信ちゃんシリーズ』(93年~)『青い鳥』(97年)『魔女の条件』(99年)『GOOD LUCK!!』(03年)『空飛ぶ広報室』(13年)『この世界の片隅に』(18年)など、テレビドラマの話題作を次々と世に放つ。また、映画監督としても『いま、会いにゆきます』(04年)『ハナミズキ』(10年)『罪の声』(20年)などを手がけている。最近気になる俳優をたずねたところ「お笑い芸人・シソンヌのじろうさん」とのこと。

2102_P018-019_jk_001_300.jpg

『花束みたいな恋をした』
山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)は、ある夜、京王線の明大前駅で終電を逃したことをきっかけに出会う。好きな映画や本の話題で意気投合した2人は、やがて恋人となり同棲生活を始めるが、日々の生活の中で、少しずつすれ違っていく。『ゴールデンカムイ』のヒット、渋谷パルコの閉店、SMAPの解散……etc. 2015年から2020年の5年間を駆け抜けるラブストーリー。1月29日(金)全国公開。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ