サイゾーpremium  > 連載  >   > DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【2】/自粛期間に気になった【カルチャー】
連載
DJ DARUMA & JOMMYの「BLACK PAGE」【2】

【DJ DARUMA & JOMMY】自粛期間に気になったカルチャーあれこれ

+お気に入りに追加

――ダンスフロアからの新たな刺客。DARUMAとJOMMYの画期的音楽探究。

2009_P138-139_039_520.jpg
(写真/岩澤高雄・The VOICE)

JOMMY(以下、J) 自粛期間中は時間ができたから、もともとYouTubeなんかでディグったりするタイプじゃなかったんだけど、結構ハマったんだよね。

DJ DARUMA(以下、D) 何か出会えた?

J ゆるふわギャング。存在は知っていたけど、しっかり曲を聞いたことがなくて。かつ、あまり表に出ちゃいけない人たちなのかな、っていう印象もあって。

D こらこら。

J いや、良い意味でね。

D 良い意味で表に出ちゃいけないって、どういう意味?(笑)

J ギリギリの感じっていうのか、近づいたらケガしちゃうのかなとか。でも、しっかり曲を聞いてみたらアーティスティックでさ。うちの奥さんがサブカル好きのトランスあがりってこともあって、ある日、朝からリビングでサイケデリックな音楽がかかっていて、それがゆるふわのEP『GOA』だったんだよね。そこで興味が湧いて、そこからヘンタイカメラにたどり着き、YouTubeチャンネルの動画をチェックしたら、現行のヒップホップシーンにいながら、ほかとはなんか違うリレーションを持っていて、個性的で面白いなと。

D 昔から仕事の空き時間にストリートのキッズをインスタでチェックするようにしてるんだけど、ゆるふわのNENEさんがアーティスト活動を始めるずっと前、それこそ素人時代から何度か拝見してて。アンバー・ローズが好きなヘッズの女の子なんだなー、って思いながらチェックしてたんだけど、そこからRyugo Ishidaくんとゆるふわを結成して、しっかりブランディングも始めてさ。どんどんアーティストとして成り上がっていく姿を目の当たりにしてたら、ついにはケミカル・ブラザーズの「Eve Of Destruction」(19年)にフィーチャリングされて。彼らはアティチュードが刹那的でパンクというか、我々のようにいろいろ経てきた大人にもすごく魅力的に映るよね。俺はご本人たちとはお会いしたことないんだけど、JOMMYある?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ