サイゾーpremium  > 特集2  > 韓国“裏社会”映画【3】/【韓国ノワール】“顔”の多様性

――“韓国ノワール”というジャンル自体は、むろんこの数年で急に生まれたわけではない。だが、明確に盛り上がり始めたターニングポイントは存在する。なぜこのジャンルは豊かになっていったのか。アジアのポップカルチャーに詳しいライター・西森路代氏が俳優たちの「顔」という観点から韓国ノワール映画の流れを読み解く――。

2008_kannkokuhonebuto_300.jpg
『韓国映画 この容赦なき人生 ~骨太コリアンムービー熱狂読本~』(鉄人社)

 韓国ノワールはどこから始まったのか、一言で言うのは難しいが、少なくとも香港ノワールが先にあったのは事実だろう。香港ノワールは、ジョン・ウーの『男たちの挽歌』(86年)から始まったといって反論する人は誰もいないだろうし、その後も『ザ・ミッション 非情の掟』(99年)や『インファナル・アフェア』(02年)など、さまざまな監督により次々と名作が生まれてきた。

 00年代に入り、韓国ノワールも続々と日本で観られるようになった。イ・チャンドンの『グリーンフィッシュ』(97年)や、パク・チャヌクの『JSA』(00年)など、今はそのイメージのない監督も「韓国ノワール」を作っていた。

 03年の『冬のソナタ』による韓流ブーム後には、韓流スターたちが続々とノワールに参入する。チャン・ドンゴン主演の『友へ チング』(01年)やイ・ビョンホン主演の『甘い人生』(05年)などがその代表だ。ドラマ『バリでの出来事』で人気となった次世代韓流スターのチョ・インソンは『卑劣な街』(06年)で運命に翻弄されるヤクザを演じたし、キム・ギドクがプロデュースし、のちに『タクシー運転手』を監督するチャン・フンのデビュー作『映画は映画だ』(08年)も、やはり韓流スターのソ・ジソブとカン・ジファンがダブル主演を務めている。先述の香港ノワールの金字塔『男たちの挽歌』のリメイク『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』(10年)は、チュ・ジンモとソン・スンホンが共演している。またウォンビンの『アジョシ』も10年に公開され、韓国では620万人を動員して韓国ノワールの代表作となった。

 しかし、この頃の「韓国ノワール」は今の「韓国ノワール」とは、何かが明らかに違う。そう思って見返してみると気づくのが、かつての韓国ノワールは、いわゆる「イケメン」スターが主役であり、その相棒や情で結ばれるキャストも「イケメン」俳優であることがほとんどなのだ。がっしりしたチョウ・ユンファにいぶし銀のティ・ロン、そして繊細なレスリー・チャンという個性豊かなキャストが織りなす情の物語であった『男たちの挽歌』が、韓国版になると、ハンサム俳優ばかりが演じていることからも、はっきりとその傾向が見て取れるだろう。

 ただ、2010年を境に、急にこの流れが変わってくる。その背景には、韓流ブームに陰りが見え始めたこと、そして『アジョシ』や、先述のチャン・フンが手がけた『義兄弟 SECRET REUNION』(10年)など、低予算で作ったノワールが韓国内でヒットするようになり、国内市場を見据え、本腰を入れ始めたことがあるのではないだろうか。『義兄弟』は、北から来たスパイをカン・ドンウォン、彼を追う元国家情報院の謀報員をソン・ガンホが演じ、2人の間に次第に絆が生まれるというアジアのノワールど真ん中の作品だが、これまでと違うのは、カン・ドンウォンというモデル出身の韓流スターが、個性的な先輩スターの胸を借りているところだ。このあたりから 韓国ノワールは、韓流スターの人気だけに頼るキャスティングではなくなっていく。

『悪魔を見た』(10年)でイ・ビョンホンに胸を貸したのはチェ・ミンシクだし、『チェイサー』(08年)ではキム・ユンソクがハ・ジョンウに胸を貸した。キム・ユンソクは、後輩のイケメン俳優にもっとも胸を貸した俳優かもしれない。『プリースト 悪魔を葬る者』(15年)ではカン・ドンウォンに、『暗数殺人』(18年)ではチュ・ジフンと共演したばかりである。

 逆にカン・ドンウォンは、ソン・ガンホ、キム・ユンソク、そして『華麗なるリベンジ』(15年)のファン・ジョンミンと、胸を借りまくりの俳優であるし、それに続けとばかりに、チュ・ジフンも『アシュラ』(16年)ではチョン・ウソンに、『工作 黒金星と呼ばれた男』ではファン・ジョンミンやイ・ソンミンの胸を借りている。両者がいかに映画界で期待されているかがわかるだろう。

 また、『名もなき野良犬の輪舞』(17年)では、演技ドル(編注:演技が上手なアイドル)のイム・シワンがソル・ギョングの胸を借りた。もっともソル・ギョング自身は、同作の撮影前の時期、俳優活動に行き詰まりを感じていたと語っている。この作品でノワールのスタイリッシュなカッコよさを身に付け、新たな顔を見せて完全復活した感もある。シワンの胸を借りたところもあったのかもしれない。

 逆に言えば、胸をうまく借りられなかった若手俳優たちが、韓国映画界の仲間入りをすることは難しい。

 こうした流れの中で苦戦していたのが、ドラマ『愛の不時着』で大人気のヒョンビンではないだろうか。12年末に兵役を除隊してからは映画の世界でも活躍していたが、主役級のスターであるからこそ、先輩の胸を借りるのが難しかった。『コンフィデンシャル/共助』(17年)ではユ・ヘジンという個性派と共演したが、胸を借りたかというとそういう雰囲気ではない。しかしそんなヒョンビンも、ファン・ジョンミンとの共演作の撮影に入るという(映画『交渉』)。ファン・ジョンミンの胸を借りて、いよいよ映画界の中心人物になるのではないかという期待が高まってくる。

 また、イ・ビョンホンやカン・ドンウォンが、『MASTER マスター』(16年)では、新韓流四天王のひとりであるキム・ウビンに胸を貸す側になろうとしているのも頼もしいことではないか。

 このように、10年代以降の韓国ノワールは、イケメンスターと個性の塊のような先輩スターの組み合わせが増え、円熟味を増してきた。そしてもうひとつ大きな出来事として、ノワールを彩る「顔」が多様になり、いわばオールスターノワール映画がつくられるようになったことは無視できないだろう。

 その萌芽は、12年の『悪いやつら』にあった。本稿でたびたび名前の挙がっているチェ・ミンシクやハ・ジョンウのほか、現在、日本でも大人気の“マブリー”ことマ・ドンソクや、バイプレイヤーとして長年活躍後、主演映画『毒戦 BELIEVER』が国内で500万人の動員を記録したチョ・ジヌン、『哭声/コクソン』など多くの映画に引っ張りだこのクァク・ドウォンほか、主演も張れるバイプレイヤーたちが、これでもかとその「顔」の多様さを見せつけた作品であった。ある意味では、この映画が10年代の韓国ノワールの変化を先取りしていたように思える。

 そして10年代の韓国ノワールといえば、やはり13年の『新しき世界』だろう。観る者すべてに衝撃を与えた作品の登場により、韓国の映画界も「新しき世界」に突入したとすら思える。

 実は、韓国映画より先に香港映画を観てきた筆者にとって、韓国ノワールは男同士の絆という意味においてどれも消化不良であったし、その情の深さに泣く経験はなかったのだ。しかし、『新しき世界』は違った。潜入捜査官とヤクザという相反する立場の2人が、お互いの背景を薄々知りつつも熱い感情を抱いており、それがだんだんと見えてくる物語に、気持ちよく泣くことができた。以降、韓国ノワールの感情表現はどんどん巧くなっていく。

 キャストについても『新しき世界』が残した功績は大きい。ドラマでも映画でも主演を張る俳優ではありながら、どこかど真ん中のスターというわけではなかったファン・ジョンミンとイ・ジョンジェが、その後の韓国映画界の中心になったのも、潮目ががらっと変わった出来事であった。同時に、例によってチェ・ミンシクが胸を貸す役割を果たし、ゴルフ場以外でゴルフクラブを握らせたら当代髄一のパク・ソンウン、凄みがヤバいイ・ギョンヨンなど、個性的な顔、顔、顔という映画でもあった。

 韓国ノワール界は、最近では『工作 黒金星と呼ばれた男』のファン・ジョンミン×イ・ソンミンのようにベテラン×ベテランが濃い感情を混じり合わせる映画も増え、新たな可能性を見せている。脇役が多様になり、彼らが主演を果たすことも多くなった。

 そして現在、韓国ノワールファンの目下の楽しみは、『新しき世界』のファン・ジョンミンとイ・ジョンジェが再共演することだろう(『ただ、悪から救ってください』)。今度は、お互いに殺し合わなければならない間柄とのこと。筆者もスチール写真を見るだけで、胸がアツくなる日々を送っている。拡張されていく韓国ノワールの世界を注視し続けたい。

(文/西森 路代)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ