サイゾーpremium  > インタビュー  > 【水森翠】“二重のタブー”を越境する清楚系AV女優
インタビュー
二重のタブーを越境するAV女優、参上!

【水森翠】「衝動的に彫師の先生に連絡しちゃう」タトゥーを体に刻みまくる清楚系AV女優

+お気に入りに追加

――日本社会では依然として刺青をタブー視する風潮がある。だが、かつてに比べればタトゥーはカジュアルになった感があり、それはAV界も例外ではない――。そう思わせるような女優が今、人気を集めている。

2005_P026-027_mizumorisui_520.jpg
(写真/橋本美花)

「パッと思いついて、パッと入れる感じ。ノリと勢い。衝動的ですね」

 全身タトゥーのAV女優・水森翠は、あっけらかんと語る。かつてはAVの世界にも、タトゥーを忌避する空気があったが、近年タブー意識は急速に薄らぎつつある。アダルトサイトで「タトゥー」と検索すれば、優に100作品超がヒットする。中でも黒髪の清楚な雰囲気と、体を埋めるタトゥーのギャップで注目を集めているのが、昨年末にデビューした水森だ。

「最初はタブーなイメージがあったので、スカウトの人に誘われたときも『いや、私タトゥーありますけど?』って言いました。でも、できるなら、やってみたいなって」

 一部のマニアにしか受けないだろう。そんな予想に反して、SNSのフォロワーはみるみる増えた。ツイッターのフォロワーは2万5000人、インスタグラムは2万人を超え、中国・台湾など海外からも熱烈な反響がある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ