連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

人類学と写真(下)

+お気に入りに追加
2005_P108-111_img001_520.jpg
画像左:「台湾タイヤル種族男子(桃園庁テーリツク社)」[撮影/鳥居龍蔵]東京人類学会、1912年、著者蔵
画像右:「台湾タイヤル種族男子(宜蘭庁ピヤハウ社)」同

 新型コロナウイルスの感染拡大のペースが急速に早まる現在、いささか旧聞に属するが、欧米諸国における感染者が増加し始めた際、アジア系住民への人種差別もまた、広がりを見せていた。武漢の市場から始まったとされるパンデミックは、コウモリなどの野生動物を食べる習慣が原因になったという噂が巻き起こり、欧米人とは異質な食生活を持つ人々への偏見を再燃させてしまったのだ。

 19世紀から20世紀初頭にかけて、欧米の人類学者たちの中には、その外部の住民の「異質性」を身体的な特徴から理解し、分類しようと試みた者たちがいた。そして、人類学の有用性を説く中で彼らは、「人種」的優劣の判断基準として例えば、脳の大きさや身体の部位間の距離などに着目し、アジアやアフリカの住民に「未開」や「野蛮」の徴を発見しようとした。つまるところそれは、劣位の他者に対する自らの優越性を見いだすことを意味していた。他者の調査を通じた西洋の自己同一性を保証すること、そして欧米諸国による植民地支配の正当化を学問的に補完することが人類学の課題として立ち上がっていくのである。

 1886年の東京人類学会の発足を機に本格的に始動した日本の人類学は、その調査対象を日本(本土)の周辺部に広げていった。人類学者の鳥居龍蔵は、東アジアの広範囲で実地調査を行った探検型フィールドワーカーとして知られているが、その研究地域の広がりは、帝国日本の対外意識の拡大を忠実にトレースしているように見える。例えば、日清戦争直後の95年に遼東半島に赴き、その翌年に下関条約によって割譲されたばかりの台湾で調査を行う、というように鳥居の調査が日本の帝国主義的拡張と足並みをそろえているからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年1・2月号

狂騒のSDGs

狂騒のSDGs
    • 日本で【SDGs一大ブーム】の理由
    • SDGsの【17項目】のおさらい
    • SDGsを推し進めるのは【戦コン】?
    • 【ユニクロ】ファッションと人権問題
    • 【米中関係】から見るウイグル問題
    • 世界のサステナブル【大麻ビジネス】
    • 大麻政策のための【2030アジェンダ】
    • 【古坂大魔王】SDGs推進の内幕
    • 【SDGsソング】寸評会
    • SDGs曲【Lige goes on】制作秘話
    • 【SF思考】が世界で注目を集める理由
    • 【ジブリ】を見れば、17目標がわかる!?
    • スタジオジブリ作品の【持続可能性】
    • 【高畑勲・宮崎駿】と若手監督との違い
    • 【マーベル】の新ヒーロー像
    • 貧困に肉薄する【ドキュメンタリー】
    • 【グレタさん叩き】と日本の社会意識
    • アジェンダ21と【陰謀論】
    • SDGs関連の【国連】陰謀論

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!

「中尾百希」アパレル経営者がグラビア挑戦!
    • 【中尾百希】アパレル経営者グラビア!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】鈴木ふみ奈
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】ウィンターパーティ
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 自殺願望を傾聴する【僧侶】の哲学
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【DokiDoki Live】人気ライバーの川柳選評
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報