サイゾーpremium  > 特集2  > 実録・狂気の関西ラップ【5】/【関西ラップ】の“今”がわかる15曲
第2特集
実録・狂気の関西ラップ【5】

【DIRTY KANSAI】よう覚えとけや――大阪の“今”がわかる猛者たちの15曲

+お気に入りに追加

――本特集に登場した面々はもちろん、本誌が注目する大阪を中心としたラッパーたちの厳選15曲を紹介。ミュージックビデオと共に、その世界観を体感してほしい。

2005_KANSAIRAP_P114-133_song001_320.jpg

「アホばっか」(17年)
Jin Dogg

Jin Doggが厭世観漂う言葉を放り投げるように歌い出せば、Young Yujiroがすかさず低い声の関西弁で距離を詰めてくる。当時まだ謎の多かった2人の後に、姿を潜めていたWILYWNKAも登場。大阪シーンが変わることを誰もが予感した1曲。

2005_KANSAIRAP_P114-133_song002_320.jpg

「AM 2:00」(17年)
Jin Dogg

Jin Doggのメロウネスを知れる、初期作にして代表曲としても知られる楽曲。アグレッシブでラフな印象が先行していた青年の見せる疲れきった表情は、エモラップ・ブームのアイコン的存在であるXXXテンタシオンにも通じる魅力か。

2005_KANSAIRAP_P114-133_song003_320.jpg

「102号」(17年)
Young Yujiro

常に主役の脇を固め、若干地味な存在ですらあったYoung Yujiro。彼の一歩引いた立ち位置と個性、その唯一無二の武器であったことを証明したEPが『102号』だ。地に足のついた世界観に仕上がっており、静かな大人のトラップとして隠れた名盤。

2005_KANSAIRAP_P114-133_song004_320.jpg

「#TORNADO」(17年)
Cz TIGER

Cz TIGERとJAGGLA、Bicというキャラクターの立ったマイクリレーはNYで活躍しサウス勢にも刺激を与えたディップセットを彷彿させる。スタイルもNYのラップにCzがサウスの要素を足すようで、幅広い年代のヘッズに受け入れられるはずだ。

2005_KANSAIRAP_P114-133_song005_320.jpg

「ありがとう」(18年)
孫GONG

父の背中を見上げる子どものような視点で展開される「ありがとう」。おぼろげに思い出す父の優しさの記憶は、転落した人生を彼自身が持ち直すまでの布石のよう。終盤の覚悟を決めたバースを聴けば、誰も彼を単なるコミカルな存在とは思うまい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報