サイゾーpremium  > インタビュー  > 【米澤美玖】ジャズを担う美人サックスプレイヤー
インタビュー
「ジャズ=おじさん」イメージを塗り替える!

【米澤美玖】155センチの体躯で巨大な楽器を吹き鳴らす超絶美女ジャズプレーヤー

+お気に入りに追加

――弱冠27歳ながらすでに数枚のアルバムを発売、年間150本以上のライブをこなす、新鋭ジャズプレーヤーここにあり!

2005_F_DSC0935_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

「バンドメンバー募集します 楽器年齢国籍性別性癖美学ジャンル問わず」

 2019年、ツイッターにアップされたそんなメンバー募集。しかしそれは、凡百のアマチュアバンドの募集ではなく、弱冠27歳ながらテナーサックスプレイヤーとして頭角を現している米澤美玖によるものだった。18年にリリースしたサード・アルバム『Another World』は、アマゾンやiTunesのジャズ部門で1位を獲得し、JAZZ JAPAN AWARD 2019 アルバム・オブ・ザ・イヤーのニュースター部門も受賞。アイドル顔負けの端麗な容姿で、身長155センチの小さな体格に不釣り合いなほどの大きさのテナーサックスを吹きまくり、GLAYのTAKUROのソロプロジェクトにもゲストとして参加するなど、ジャンルを越境した活動を展開する――。いったい、なぜ彼女はツイッターで“メン募”に踏み切ったのか?

「これまでは、私よりずっと年上で、大御所の方々とプレイさせてもらう機会が多かったんですが、同年代とも演奏をしてみたかった。そこで、私が最年長のバンド『Project M』を結成しました。実は今の20代って演奏がうまくて、ジャズやフュージョンを引っ張っていこうって意識の人が多いんですよ」

 新世代のプレイヤーとして、ジャズやフュージョンというジャンルの魅力を伝えている米澤。北海道・旭川で育った彼女がサックスに出会ったのは、小学校の吹奏楽部がきっかけだった。テナーサックスとの運命的な出会いを果たした彼女は、吹奏楽部での活動に飽き足らず、地元・旭川のビッグバンドジャズに参加。大人に混じりながら、カウント・ベイシー(ビッグバンドジャズオーケストラを率いた人物)などの曲を演奏していた少女が、ジャズにのめり込んでいったのは中学生の頃だった。

「ツタヤとかで売ってる1000円くらいの廉価版ってあるじゃないですか。そこで、ジョン・コルトレーンを買ったのが初めてのジャズのCD。聴いてみると、『難しいな……』って思いつつ、『何だこれっ!?』って衝撃で。

 そうそう、旭川のビッグバンドでは、チック・コリアやゲイリー・バートンといった海外で活躍する有名なプレイヤーたちを呼んで、ゲスト講師として演奏指導をしてくれたんです。けど、当時の私には彼らのスゴさは全然わからない。チック・コリアなんて、『なんかピアノが弾けるおじさんが来た』くらいにしか思っていなかったんですよ(笑)」

 ミュージシャンとしてものすごく幸福な環境に身を置きながらもそんなことには一切気がつかず、映画『スウィングガールズ』のようにサックス漬けの日々を謳歌していた彼女は、東京の専門学校に進学し、演奏のバイトやバンドを結成するなど、サックスプレイヤーとしてのキャリアをスタート。破竹の勢いでジャズ・フュージョン界を席巻していったのだ。

 ところで、ジャズもフュージョンも、どこか「おじさん臭い音楽」というイメージがありません?

「ですよね……。いろいろな音楽ジャンルが登場してくる中で、特にフュージョンって、すでに死語になりつつある言葉。だから、『死なないでっ!』って思いながら演奏しています(苦笑)。とはいっても、別にフュージョンを背負っていこうとは思ってない。基本的に雑食なので、ジャズやフュージョンに限らず、クラブっぽい音楽など、いろいろなジャンルともコラボしていきたいですね」

 現在、年間150本以上のライブをこなしている彼女。27歳のサックス女子が「ジャズ=おじさん」というイメージを塗り替える。

(文/萩原雄太・かもめマシーン)
(写真/三浦太輔・go relax E more)

米澤美玖(よねざわ・みく)
北海道旭川市出身。 8歳よりテナーサックスを始め、11歳でビッグバンドに入り ジャズを始める。尚美ミュージックカレッジ専門学校ソロプレイヤーズコンテスト金賞受賞。 現在、自らのリーダーライブでは青柳誠、岡本洋、岡田治郎、川口千里、則竹裕之など、国内のトップミュージシャンとの共演を重ねる。19年5月キングレコードより『ExoticGravity』でメジャーデビュー。同作と「Dawning Blue」は19年JAZZ JAPAN AWARD New Star部門にてAlbum Of The Yearをダブル受賞した。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ