サイゾーpremium  > 連載  >   > 丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【1】/【キアヌ・リーブス】山を越えてくる涼風
連載
丸屋九兵衛の「バンギン・ホモ・サピエンス」【1】

【バンギン・ホモ・サピエンス】キアヌ・リーブス――山を越えてくる涼風

+お気に入りに追加

――人類とは旅する動物である――あの著名人を生み出したファミリーツリーの紆余曲折、ホモ・サピエンスのクレイジージャーニーを追う!

キアヌ・リーブス(Keanu Reeves)

2002_P082-083_img001_320.jpg
(絵/濱口健)

1964年生まれ。『ビルとテッドの大冒険』や『ハートブルー』を経て、94年の『スピード』で本格ブレイク。代表作は99年からの『マトリックス』3部作と、14年から続く『ジョン・ウィック』シリーズ。また、数々の善行でも知られる。

2002_P082-083_img002_520.jpg
(絵/濱口健)

 キアヌの夏――『USA Today』紙は2019年をそう評した。2020年に突入した今、振り返ってみても、「昨年はキアヌ・リーヴスの年だった」と思う。現行の代名詞的シリーズの第3作『ジョン・ウィック:パラベラム』が大ヒットし、かつての彼の代名詞でもある『マトリックス』シリーズも、まさかの第4弾の制作が発表された。出世作のひとつ『ビルとテッド』シリーズがこれまた奇跡の復活を遂げ、第3作の撮影が開始されたのも昨年だ。

 また4月には世界初のキアヌ・リーヴス映画祭、題して「KeanuCon」が、スコットランドのグラスゴーで開催されたことも記憶に新しい。翌5月には長年にわたる業績が称えられ、ハリウッドのTCLチャイニーズシアター前に手形を刻むセレモニーもあった。

 一方で、ゲーム『サイバーパンク2077』のトレイラーが発表され、キアヌが「ジョニー・シルヴァーハンド」として登場することが判明。全世界のゲームファンが湧いた。そして重要な出来事のひとつとして、Netflix映画『いつかはマイ・ベイビー』こと『Always Be My Maybe』への出演もあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』