サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 「○○のトランプ」が急増中【1】/世界の過激な【保守派リーダー】たち

――ドナルド・トランプ政権誕生以降、世界各地で「○○のトランプ」と呼ばれる保守派リーダーたちが続々登場している。近年は欧州を中心に「ポピュリズム」が台頭していることもひとつの要因とも見られているが、なぜ世界的にこのような過激派たちが人気を博しているのだろうか?

2002_trump_200.jpg
『FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実』(日本経済新聞出版社)

 昨年12月18日、米国下院本会議はドナルド・トランプ大統領による「権力乱用」と「議会妨害」について、弾劾条項2項目をいずれも可決した。これによりトランプは米国史上、下院に弾劾された3人目の大統領となり、今年の大統領選での再選が危うくなりはじめている。

 しかし、その一方で正確さに定評のある大統領選予測モデルを擁する調査会社であるムーディーズ・アナリティクスは、今回もトランプが大差で勝つと予測。ほかにも「QAnon」というトランプを救世主と仰ぐ猛烈な支持層も存在するなど、トランプ人気はいまだに根強い。

 どれだけ、常識人がトランプを批判したところで、暴言と排外的な主張を吠える保守派リーダーは大衆から支持を集めてしまうということだが、他方で世界を見渡すと、2016年のトランプ政権の誕生以降、各国で「トランプっぽいリーダー」が台頭してきている。トランプ同様のボサボサの金髪が特徴的で、フェイクニュースと人種差別的な発言を撒き散らす英国の首相や、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんを「あんなガキ」と呼ぶ、ブラジルの大統領がその代表格だ。そして、それは枚挙にいとまがない。

 一体世界はいつから、大統領、首相、党首など、政治家としてトップの立場にいるにもかかわらず、差別的な発言を繰り返すような、自国ファーストの保守派リーダーで溢れるようになったのだろうか? そして、その極論と排外的な姿勢は世界にどのような影響を及ぼしているのだろうか?

移民排斥に女性蔑視……紋切り型のリーダーたち

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』