サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
第1特集
見よ!男性の肉体美!

【肉体改造MC・DK】が魅せたヒップホップ×筋肉美――鍛え上げられたスキルと筋肉

+お気に入りに追加

――第4回『高校生ラップ選手権』にて準優勝を獲得した新世代のラッパー、DK。現在24歳の彼は、大阪を拠点に精力的に音楽活動を行うかたわら、体を鍛え上げるワークアウトにも余念がない。そんなラップと筋肉でその名を轟かすDKに、鍛え抜かれた肉体美を披露してもらった。

1910_dk_317_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/岩澤高雄)

 今や若年層に定着した感のあるフリースタイル・ムーブメントの口火を切った『高校生RAP選手権』。その第4回大会にて準優勝を手にしたのがラッパーのDKだ。着衣の上からではわかりづらかったが、吐かれるライムと共に見え隠れしていたマッスルに目を奪われた者も多かったはず。近年、日本語ラップシーンでは、般若をはじめ、AK-69やSHINGO☆西成、Young Hastleなど、長時間のライブを高水準のパフォーマンスでこなすため、自らの肉体を鍛え上げるラッパーが増加している。そんな次世代のラッパーとして活動する肉体改造MC・DKにヒップホップと筋肉美のグラビアをオファー。快諾した彼は、まっすぐな瞳でマッスルと共に語り出した。

「小学生の頃からKREVAさんが大好きで、僕が中3くらいのときに『俺に憧れてステージに呼んでくれるキッズを待っている』ってMCをしたことがあったんです。それを『これは僕に言っているんだ』と思いラップを始めました」

1910_dk_107_520.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
(写真/岩澤高雄)

 それからほどなくして、彼は前述の通り、準優勝という栄冠を手にする。街を歩いているだけで声をかけられたり、彼に影響されてラップを始めたという年下の子もいたという。また、当初から「ラップができたらいいな」という感覚ではなく、「曲を作るため」にラップを始めたと話す。それと同時に火がついたのが、「体を鍛え上げる」ことだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年10・11月号

伊織いお「パワフル&セクシー」

 伊織いお「パワフル&セクシー」
    • 【伊織いお】ボディメイクで鍛えた体!

(秘)読書案内

(秘)読書案内
    • 【YouTuber本】ヒット戦術
    • 【RYKEY DADDY DIRTY】ムショ読書
    • 【イスラム】を理解するための本
    • 尖端的すぎる【写真集】
    • 【フェティシズム】写真集の華麗なる変遷
    • 【スピリチュアル出版社】イチオシの本
    • 【エロ本】衰退史
    • エロ本業界の【歴史】がわかる参考文献
    • 【現代のエロマンガ家】の4冊
    • 【ヒップホップ文化】を学ぶ本
    • 17歳の【新鋭ラッパー】に聞く
    • 今流行りの【中国ミステリ】の世界
    • 占領下生まれのイビツなニッポン【図書館】

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【マルサの女】高崎かなみ
    • 【高槻実穂】グラビア
    • 【藤木由貴】実家グラビア
    • 【グレイテストラウンドガール】プールパーティ
    • 【後藤直義】GHOST IN THE TECH
    • 【丸屋九兵衛】バンギン・ホモ・サピエンス
    • 【稲田豊史】オトメゴコロ乱読修行
    • 【萱野稔人】超・人間学
    • 【クロサカタツヤ】ネオ・ビジネス・マイニング
    • 【神保哲生×宮台真司】マル激 TALK ON DEMAND
    • 【辛酸なめ子】佳子様偏愛採取録
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人×江森康之】念力事報
    • 【田澤健一郎】体育会系LGBTQ
    • 【澤田晃宏】外国人まかせ
    • 【大石始】マツリ・フューチャリズム
    • 【AmamiyaMaako】スタジオはいります
    • 【DJ DARUMA(PKCZ(R))& JOMMY】BLACK PAGE
    • 【友清哲】ビールの怪人
    • 【西国分寺哀】大丈夫?マイ・フレンド
    • 【町山智浩】映画でわかるアメリカがわかる
    • 【更科修一郎】批評なんてやめときな?
    • 【花くまゆうさく】カストリ漫報