サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【関ジャニ∞解散説&錦戸退所】騒動舞台裏
ニュース
錦戸脱退でどうなる関ジャニ∞?

ジャニーズ大混乱!関ジャニ∞解散説&錦戸退所騒動舞台裏

+お気に入りに追加

突然求心力を失ったジャニーズの今後は?

関ジャニ∞だけでなく、TOKIOや山下智久などの退所も噂されるジャニーズ事務所。さまざまな情報が錯綜する一方で、これまでは事務所側の圧力とメディア側の忖度が相まって、こうした報道がなされることも少なかった。今やタブーではなくなりつつあるジャニーズの、崩壊の行方と今後の再生に注目が集まっている。

ジャニーズ大混乱!関ジャニ∞解散説&錦戸退所騒動舞台裏の画像1
売れない時代には、地方のライブハウスめぐりなどをして、共に研鑽を積んでいた関ジャニ∞のメンバーたち。輝かしい時代は、うつろいゆく……。

 創業者でありゴッドファーザーであったジャニー喜多川氏の死去や、独禁法の疑いで公正取引委員会から注意を受けるなど、事務所の存続そのものに激震が走っているジャニーズ事務所。

 そんな中で、最近とみに叫ばれているのが、“関ジャニ∞の5大ドームコンサートツアーの最終日となる9月3日の東京公演で、グループの解散が発表されるのでは”というニュースだ。

 すでに今年の3月に「週刊文春」(文藝春秋)が、錦戸亮がグループの解散を主張し、脱退も辞さない状態であることを報じた。それ以降、ジャニーズ事務所の不振と共にこの話題はファンをもやもやさせてきたが、さらに7月14日にツアー初日である札幌で行われたあいさつが、「錦戸や大倉忠義らの脱退」や「グループの解散」を匂わせるものだったとして、ファンや芸能記者たちの間で一斉に確信めいた話として語られるように。以降、9月の最終公演を待つ形となっている。

 あるエンタメ雑誌の記者は語る。

「関ジャニ∞のメンバーが、解散を含めた件で大モメしており、すでに再起不能なほどに関係が悪化していることは事実のようです。私もあるメディアでインタビューを依頼されていたんですが、突然中止になりました。仲がいいジャニーズの担当者に理由を聞いてみたんですが、『お察しください』という回答のみ。言外を勘ぐるに、メンバー間の仲が悪くて一緒に現場に居合わせられないということなのかなと思っています」

ジャニーズ大混乱!関ジャニ∞解散説&錦戸退所騒動舞台裏の画像2『錦戸』
ジャニーズ事務所に所属するイケメンボーカリスト錦戸亮。過去にはあの新垣結衣と浮名を流したことも。NEWSに所属していたこともある。

 渦中の錦戸は音楽活動を優先するためにグループを脱退した渋谷すばるに刺激され、自分も俳優一本に絞りたかったとのこと。ジャニーズメンバーだけでなく、他の俳優たちとも親交が深い彼なら無理からぬ発想で、「ひとりでも抜けたなら解散すべき」【1】と話したと語られている。この申し出に激怒したのが、バラエティ班で、グループの年長組の横山裕と村上信五だという。

「グループでも、どちらかといえばしゃべりがうまい横山と村上ですが、2人ともバラエティ番組でポジションを築きつつあります。特に村上は、マツコ・デラックスとの番組『月曜から夜ふかし』(日テレ系)で存在感を示している。来年の五輪関連番組でも、MC候補としてリストアップされています。ただし、彼らが起用されているのは、今のところあくまで“関ジャニ∞の~”という冠があってこそ。それを一番わかっている2人は、錦戸の脱退はともかく解散を持ち出されて猛反対したそう」(キー局ジャニーズ担当社員)

 いずれにせよ、ジャニーズの退所およびグループの解散を強硬に主張する錦戸やグループ活動には見切りをつけている大倉と、グループ解散は死活問題な村上と横山が対立し、そこになんとなく安田章大が、“みんなでやっていこうぜ”と続行を主張しているとのこと。過半数がグループの存続を希望しているとのことだ。こうしてグループでは何度も話し合いが行われており、それによってメディアに流れてくる情報も錯綜している様子。

 現状では、“グループは活動休止で錦戸は脱退するものの退所はない”というのが、もっぱらなのだとか。前出のキー局ジャニーズ担当社員が語る。

「テレビ局のほうではグループの解散とまではいかず、今年の紅白歌合戦に出演してそこで活動休止するのではという風に聞いています。ただし、当初はツアー最終日となる9月3日にそれが発表されるといわれていましたが、関ジャニツアーの翌日に行われる“ジャニー氏のお別れの会”【2】の開催によって、ずれる可能性もありそうです。実際に話が朝令暮改だったりして、それくらい今、ジャニーズ事務所内はバタバタしているってことですよね」

 このように、グループの活動は休止となるものの、退所という最悪の事態は避けられそうだというのが濃厚だ。だが、ジャニーズでは嵐に次ぐ稼ぎ頭で人気のあるグループを活動休止に追い込んだ錦戸が、事務所に残って活動を続けたとしてもファンがどれほど応援するかわからない。むしろ戦犯として不興を買ってしまう可能性もある。それならばいっそ、きっちりと退所して再出発をしたほうが、本人にとってもやりやすそうだが……。

ジャニーズ大混乱!関ジャニ∞解散説&錦戸退所騒動舞台裏の画像3
担当編集は以前、恵比寿のバーで錦戸くんに遭遇。カーテン一枚向こうで外国人女性にビリー・ジョエルの「オネスティ」を歌って口説いていた。

「落ち目ってほどでもないですが、正直言って関ジャニ∞は、一時期ほどの人気はない。ジャニーズ事務所のほうも、滝沢秀明が子会社の社長に就任してから、若手グループの育成にかなり力を入れています。一般の人が誰も知らないようなJr.グループをCMに出すために、タッキーが土下座せんばかりに売り込みをかけてるとか。一方でグループの社長に就任した藤島ジュリー景子氏は、自分がかわいがってきたNEWSをもっと売りたいなどと、よくわからないことを言っているそう。つまり、グループとしての関ジャニには今後、さほど期待をかけられていません。であるならば彼らもいい年なので、個別に売り込んでいったほうが事務所的にもいいという考えのようです。去る者はあえて追わず……ということですね。錦戸は遊び回っている話が出続けていますし、大倉は実家もお金持ちなので、辞めたいならどうぞ、という雰囲気が事務所内には確かにありますね」(芸能レポーター)

 いまだ真偽不明の錦戸の退所説。8月に入ってからというもの、加速度的にさまざまな報道が飛び交っている状態だ。だが、別のテレビ制作関係者からは、ファンにとってはありがたなくない、こんな話も聞かれた。

「フジテレビが来年の五輪が終わって以降のクールで錦戸に、ドラマ『トレース~科捜研の男~』の続編のオファーをしてほぼ決まっていたのですが、ジャニーズ側から彼の脱退を理由に断られてしまったそう。この話が発端となって、解散日の報道が出たようです。週刊誌などでも書かれていましたが大手事務所への移籍の話も出ているようですし、公取委の話もあるので事務所を移籍したとしても、ジャニーズもかつてのような圧力をかけづらい。テレビ局としてもあえて忖度をしなくてもいい状態となっている。アイドルグループを脱退して俳優業に専念したい錦戸にとって、今がタイミングなんですよね」

 やはり錦戸の退所はまぬがれないようだ。

 すでに渋谷が脱退し、錦戸も……となると、“2枚看板”を失った関ジャニ∞のショーの幕は開き続けるのだろうか?

(編集部)

【1】ひとりでも抜けたなら解散すべき
錦戸が主張するように“ひとりでも抜けなたら解散”というならまず、06年に不祥事で内博貴が抜けた時点でそうすべきだろうという声も挙がっていた。

【2】ジャニー氏のお別れの会
もともと、9月4日に東京ドームシティで開催するといわれていたジャニーさんの“お別れの会”。現在は会場が、東京ドームに変更になることがテレビ局の幹部などに通達された模様だ。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』