サイゾーpremium  > インタビュー  > 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
インタビュー
まっすぐなまなざしを持つ新人俳優

【田川隼嗣】ミレニアム生まれの18 歳、未完の大器は月9の現場で武者震いす

+お気に入りに追加

――「桜坂」がヒットを飛ばした2000年に生まれ、数々の舞台を経験し俳優道を邁進する“まだ何者でもない18歳”の、あまりに純朴でひたむきな素顔。

【田川隼嗣】ミレニアム生まれの18 歳、未完の大器は月9の現場で武者震いすの画像1
(写真/増永彩子)

 長崎。福山雅治を輩出したその街から、新たなルーキーが誕生した。田川隼嗣。事務所の先輩でもある福山の「桜坂」がヒットした2000年生まれの18歳。現在放映中のドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)に、医学部生の熊田役として第6話から登場する。

 まっすぐで曇りのないまなざしと、まぶしいほどの純朴さ。その外見は、田川の情熱に向かう姿勢そのものだ。例えば、俳優を目指した動機について。

「中2のときにドラマ『リーガル・ハイ』(同)を観て、主人公・古美門研介の愉快痛快な人物像に圧倒されたんです。当時、俳優さんは自分と似た性格の役を演じているんだろうと思い込んでいたんですが、あるとき堺雅人さんが古美門とはまったく違う性格だと知って。別人格をあんなに生き生きと演じられる堺さんに、すごく憧れて、自分も演技をやってみたい! と、その年の第27回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に自分で応募しました」

 高校進学後は、長崎と東京を行き来しつつ、舞台を中心に活動。共演した先輩からは、さまざまな角度から俳優の在り方を学んだ。

「舞台『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』(17年)のとき、舞台上で、そのあとに使う小道具の刀が折れてしまったんです。でも、座長の生田斗真さんがアドリブで芝居を回し、何事もなかったかのようにうまくシーンをつなげていて。目の前で繰り広げられる光景に、プロの役者の実力を思い知らされました。と同時に、舞台の醍醐味は、何があっても最後まで絶対にやり通すところなんだなと知りました」

 18年の舞台『いまを生きる』では、教師役を演じた佐藤隆太に導かれた。

「佐藤さんの印象は……『圧倒的お父さん』! 若手俳優6人が同じサークルに所属する生徒で、佐藤さんはその顧問の先生という関係だったので、みんなの絆を大切にしたいと、佐藤さんがごはんに誘ってくれたんです。みんなでディズニーランドにも行きました。親身になって接してくださる姿に、役者としてはもちろん、ひとりの男としてカッコイイなと思いました。実際、佐藤さんが取り持ってくださったキャストの関係は、舞台に生かされた気がします。ゼロの状態からみんなで作っていけるのも、舞台の魅力のひとつです」

 こうして4年間で徐々にキャリアを積んできた田川だが、連続ドラマに出演するのは、今回の『監察医 朝顔』が初めて。取材日当日は撮影がまだ始まっておらず、台本も前日に手渡されたばかり。「初めての連続ドラマなので、楽しみです」と話すが、不安や緊張も多いようである。

「よく『台本を読んで役作りをする』っていうじゃないですか。でも僕、役作りの仕方自体、よくわからないんですよ。この間、『いまを生きる』で共演した同じ事務所の浦上晟周くんにドラマの台本の読み方を聞いたんですが、いざやるとなるとどうやって役をつかめばいいか、演技プランを練ればいいか難しくて……。ひとまず今は、何度も読み返して、疑問点を見つける作業をしています。それをひとつずつ解決していけば、ヒントが見えてくるかな、って」

 熊田は、アルバイトをしている法医学教室のメンバーにかわいがられる唯一の下っ端キャラ。上野樹里や時任三郎など、周囲はそうそうたる顔ぶれだ。

「自分が演技面で浮かないか心配です。ドラマの雰囲気を壊さず、なおかつ作品のメッセージを伝えられる演技ができるのか……。第5話までに空気のできあがった現場に入るのもドキドキですし、撮影現場で足を引っ張らないかも不安で……あれ? 結構課題が多いですね(笑)」

 しかしきっと、今回のドラマの現場でも、田川は何かを吸収してくるのだろう。見栄や虚栄心のない、まっすぐなまなざしで。

(文/有馬ゆえ)
(写真/増永彩子)
(スタイリスト/世良啓)
(ヘアメイク/金山貴成)

田川隼嗣(たがわ・しゅんじ)
2000年12月25日、長崎県生まれ。5人兄弟の長男坊として育つ(上から姉・姉・田川・弟・妹)。13歳のとき、第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞を受賞。特技はヌンチャクとサックス。趣味は料理、釣り、絵を描くこと。ボールペン一本で描いた幻想的な街の風景画は、取材陣がどよめく緻密さ。8月24日(土)夜9時頃から放送の日本テレビ系「24時間テレビ42」スペシャルドラマ『絆のペダル』にも出演予定。

[衣装協力]
シャツ 4900円、パンツ 7900円(共に税別)ジュンレッド

[お問い合わせ]
ジュンカスタマーセンター/0120-298-133
その他 スタイリスト私物

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ