サイゾーpremium  > 特集  > 社会問題  > 識者が推薦する「戦争ドキュメンタリー」【6】/【藤本高之】中東紛争の現実に肉薄する作品

藤本高之(イスラーム映画祭主宰)

【藤本高之】内戦にさらされた子どもたちがスマホで……中東紛争の現実に肉薄する、現代史の悲劇を学ぶ作品の画像1

1972年生まれ。アップリンク映画配給サポート・ワークショップ受講を経て、10年、北欧映画祭「トーキョーノーザンライツフェスティバル」に参加。15年、「イスラーム映画祭」を個人で立ち上げる。共著に『映画で旅するイスラーム』(論創社)がある。

 まずは『戦場でワルツを』(08年)。これは、戦争の当事者に取材した内容を、アニメーションで再現した、つまりドキュメンタリーをアニメで表現した珍しい作品です。扱っているのは、1982年にレバノンの首都ベイルートのパレスチナ難民キャンプで起こった「サブラ・シャティーラの虐殺」という事件です。

 レバノンはキリスト教徒とイスラム教徒がほぼ半数ずつ暮らしている中東では珍しい国。宗派もさまざまに分かれ“宗教のモザイク国家”と呼ばれています。そういう宗派のバランスが政治にも複雑に影響しているのですが、48年のイスラエル建国と第一次中東戦争によりパレスチナ難民がレバノンに流入したことや、そののちにPLO(パレスチナ解放機構)がレバノンに拠点を置いたことなどで情勢がさらに複雑化。そういった背景の中、82年にイスラエルがレバノンに侵攻し、イスラエル軍がベイルートを包囲する中で、親イスラエルのキリスト教右派民兵組織がパレスチナ難民を虐殺した事件が、「サブラ・シャティーラの虐殺」です。

 この映画は、ベイルートを包囲していた(つまり虐殺に加担したと言える)元兵士たちに、当時の記憶をたずねたインタビューの様子をアニメで再現。その回想の内容もアニメ化しています。

 監督自身も19歳のときにレバノン侵攻の部隊に加わっていた元兵士なのですが、なぜか彼は当時の記憶を思い出すことができません。最初は妙にユルいムードの映画なのですが、昔の軍隊仲間たちを訪ね歩くことで、だんだんと何が起こっていたのかが明らかになっていきます。監督や登場する人物たちは虐殺に加担した側のイスラエル人で、イスラエル人が自分たちの闇の部分を映像化したという意味で、非常に貴重な作品です。

 映画のラスト、突然映像が実写になり、虐殺当時のニュース映像が映し出されます。それまでのアニメを経て突然映し出される現実の画像に観客はショックを受け、この作品は高い評価を受けました。

『カルラのリスト』(06年)は、90年代に起きたユーゴスラビア内戦の最中に行われた戦争犯罪を裁くために開かれた旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷(ICTY)の女性検察官、カルラ・デル・ポンテに密着したドキュメンタリー。ニュルンベルク裁判、東京裁判以来の国際刑事裁判と言われたICTYでは、95年にボスニア・ヘルツェゴビナで推計8000人のイスラム教徒が虐殺された「スレブレニツァの虐殺」などについて、その指導者たちが戦犯として追及を受けました。

 今夏、ドキュメンタリー映画『東京裁判』(83年)がリバイバル上映されていますが(※8月中は上映)、東京裁判と同じく、このICTYも大国の主導で当事国が裁かれる一方的な裁判という側面がありました。戦争で起きた犯罪的な行為を人間が裁くことがいかに難しいか、ということを考える上でも、非常に示唆に富んだ映画です。

『イエメン:子どもたちと戦争』(18年/YouTube「Yemen - kids and the war|DW Documentary」でも視聴可能。〈英語字幕・英語ナレーション〉)は、もともとNHKの『BS世界のドキュメンタリー』で「イエメン内戦 少年記者団の伝言」というタイトルで放映された番組を、私が主宰した「イスラーム映画祭4」でも上映したものです。これは、内戦で破壊されたイエメンで、子どもたちがiPhoneを片手に、大人たちにEUに伝えたいことをインタビューして回る様子を撮影したもの。15年から内戦が続いているイエメンですが、難民はシリアのようにヨーロッパに行くことはなく、国内難民になるか、アフリカの小国ジブチへ避難している人たちが多数。

 日本人ジャーナリストがイエメンに入ることもほぼ不可能な情勢になっているので、「世界最悪の人道危機」とも言われるイエメン内戦の状況はほとんど日本には伝わってきません。そんな中で、この作品は、現在、イエメンの状況が最もわかる貴重なドキュメンタリーになっています。

『戦場でワルツを』は私小説的だし、『カルラのリスト』は、ICTYのPR映像のようだとも批判されました。映画を見ただけでは、パレスチナ問題や旧ユーゴスラビア問題の根幹はわからない。イエメン内戦についても同様です。これらの紛争については、ほとんど知らない日本人が大半ですが、この映画をきっかけに、ぜひ関連する本などを読んで、現代の悲惨な歴史を知っていただきたいと思います。

(構成/里中高志)
(構成/編集部)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ