サイゾーpremium  > インタビュー  > 【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言ホストの野望
インタビュー
実業家に転身した現代ホスト界の帝王

【ROLAND】「俺か、俺以外か。」名言を連発する現代ホスト界の帝王、その新たな野望とは?

+お気に入りに追加

――「自分に嘘をついたことは一度もない」。虚構渦巻く歌舞伎町の夜をくぐり抜け、実業家に転身したROLANDの現在地。

1907_CMYK_0_123211_520.jpg
(写真/石黒淳二)

 ギリシャ神話の美少年ナルキッソスは、湖面に映る自分の姿と恋に落ち、届かぬ思いに絶望しながら、やがて水仙の花と化す。「ナルシスト」の語源となる逸話である。

 そして現代、新宿歌舞伎町のネオンの奥に「くだらないSNSを見ているくらいなら、鏡を見ているほうがいい」と言い放つひとりの男がいる。現代ホスト界の帝王ROLAND。「世界には2種類の男しかいない。俺か、俺以外か。」の決め台詞でネットやテレビをにぎわせるあの男だ。サラサラのブロンドヘアにバッキバキの腹筋。ホスト時代、月間6000万円を売り上げたエピソードでも知られる。そんな彼は、2018年末で現役ホストを引退し、実業家に転身。ホストクラブの運営など、さまざまな事業を手がけている。なかでも力を入れているのが、新宿にオープンしたメンズ脱毛サロンROLAND Beauty Loungeの運営だ。

「ホスト引退後は、本当に情熱を感じられること以外は仕事にしないと決めていて、メンズ美容の分野なら最高のものを目指せると思ったんです。自分もホスト時代から全身脱毛をしていて、あらゆる施術を試しました。脱毛ってやっぱり痛いんですよ。人生を生きているうえで『犠牲なくしてリターンはない』と思って耐えてきたんですけど、探しているうちに痛みもなくて、効果が続く脱毛方法が見つかって……。これなら自信持って紹介できると」

 犠牲なくしてリターンなし――。しっかり名言をぶち込んでくるところはさすがである。本人いわく、「行きたくなる美容サロンを自分のために作っただけ」とのこと。それでも評判は上々だという。そこで、気になるのは脱毛へのこだわりだ。全身ツルツルになると、男が上がるのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド