サイゾーpremium  > インタビュー  > 【日比遊一】樹木希林も認めた映画監督の実力
インタビュー
樹木希林、最後の作品を撮った映画監督

【日比遊一】マイケル・ダグラスも樹木希林も手紙で口説く! 大御所たちから薫陶を受ける映画監督

+お気に入りに追加

――樹木希林、最後の出演作の監督を直々に任されたニューヨーク在住の写真家は、手書きの手紙を送ることで「他人には信じてもらえないような」経歴を残していく。

1907_CMYK_DSC_0019_520.jpg
(写真/永峰拓也)

「迷ってる時間はない。今、決めてほしいのよ」――名優からのオファーは唐突だった。

 昨年亡くなった女優の樹木希林は生前、最初で最後のプロデュース作として、娘同様にかわいがってきた浅田美代子を主演に据えた映画『エリカ38』を企画し、今月7日から公開されている。

 同作の監督を務めたのが日比遊一。本職はニューヨーク在住の写真家だが、2016年に高倉健を追ったドキュメンタリー映画『健さん』を監督して世界中で話題になった。というのも、同作にはマーティン・スコセッシをはじめとした世界の映画業界における巨匠たちが数多く出演していたからだ。

「僕は大事なオファーは必ず手書きの手紙でします。メールや印刷したファックスではダメです。『健さん』に出演してくれたマイケル・ダグラスとも、40通以上やりとりしたと思いますよ」

 現在は写真家と監督として活動する日比だが、もともとは役者として芸能の世界に足を踏み入れたという。デビュー作は黒澤明監督の『乱』(85年)だ。

「日活撮影所の中にある演技学校を出たのですが、その時に黒澤監督と仲良くさせていただいて、その流れで出演することになりました。あと、これもまた、他人には信じてもらいにくいのですが、僕が俳優としての道を広げるために渡米するきっかけも、よく飲みに連れてってくださった、松田優作さんに勧められたからなんです」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』