サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 宇垣美里が「FRIDAY」の“ネタなし直撃”に不快感!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

宇垣美里が「FRIDAY」の“ネタなし直撃”に不快感!

+お気に入りに追加
1905_ugaki.jpg『宇垣美里 ファーストフォトエッセイ 風をたべる』(集英社)

“わざわざ直撃する必要があったのか”と読者以上に本人が感じていたようだ。

 5月20日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で元TBSアナウンサーの宇垣美里が、自身の連載コラムの中である週刊誌にご立腹だ。

「宇垣は先日、自宅前で某週刊誌の直撃取材を受け、フリーになって初めてということもあり、身構えたそうです。ところが、出てきた質問は『フリーになって1カ月たちましたけど、どうですか?』という他愛ないものだったため、その程度の質問ならイベントの囲み取材で聞けばいいことだと憤慨し、知らない人たちがわざわざ自宅まで押しかけてきて、フラッシュをたかれて写真を撮られることが恐怖であり、一般的に嫌悪感を抱かく行為だと不快感をあらわにしていました」(週刊誌記者)

 宇垣が言及した件と思われるのが、5月17日発売の「FRIDAY」(講談社)の記事だ。

 誌面では「竹内由恵の結婚発表、宇垣美里の独立で考える 大研究 女子アナの恋愛」とのタイトルで、都内のコスプレイベントを終えたサングラス姿の宇垣を激撮している。

「記事では、先日結婚を発表した竹内アナの恋愛遍歴を振り返りつつ、同じく5月に入籍したテレビ朝日・小川彩佳、ヤクルトの原樹理投手との熱愛が発覚したフジテレビ・久慈暁子アナらの近況を報告しています。宇垣が載っているのは後半部分。しかし、熱愛やスキャンダルのネタがあって当てているのでなく、フリーになった心境、『an・an』(マガジンハウス)で初グラビアを飾った感想、今後の仕事の方向性といった当たり障りのない質問をしただけ。『恋愛研究』という企画趣旨とは外れていますし、おそらくページの穴埋めや行数稼ぎのために無理やり“蛇足”のように付け足されたのでしょう」(週刊誌記者)

 本人が不快に思わないよう、今度は熱愛現場を押さえてから、あらためて宇垣を直撃してはどうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』