サイゾーpremium  > 連載  > アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【28】/【白塗り店主】の変なバー
連載
アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録【28】

【アッシュ・ハドソンのアングラ見聞録】白塗り店主〈キング〉のゴシック風の変なバー

+お気に入りに追加

――カメラマン・デザイナー、そして親日家としても知られるアッシュ・ハドソン。そんな彼が自らが体験した日本の“アングラ文化”を詳細にレポート。

1905_IMG_6701_520.jpg
Kinguu 宮禁 〒542-0083  大阪市東心斎橋1-19-8  日宝プロムナード心斎橋5F
インスタグラム〈@kin_no_guu〉

 数カ月前、知り合いから大阪の東心斎橋に一風変わったバーがあるから行こうと誘われた。いざ店内に足を踏み入れると、真っ赤な壁に剥製やおどろおどろしい首のオブジェ、空間を覆い尽くすほどのアンティーク調のミラーや額縁の数々……まるで別世界に迷い込んだような感覚だ。店内のステージでは、顔を白く塗ったゴシックっぽい雰囲気の男性シンガーが、ドラマーとともに吸血鬼のテーマのような昔の曲を歌っている。このシンガーが、今回紹介する同店の店主、キングだ。

「バーを経営しながらシンガーとしても活動してます。店ではドラム担当と私が店員として勤務し、ライブのときにはギターやベースを呼ぶこともあります。ちなみに歌っていた曲は1920年代の三文オペラ『メッキー・メッサー』で、アメリカなどではジャズ・ミュージシャンたちにカバーされている曲です」

 小さいバーだからそんなに大人数は入らないけれど、女性のお客さんは、彼と同じような格好をしている。俺はまったくこのカルチャーに詳しくないんだが、アメリカにもゴシックスタイルの人たちは一定数いる。店にはゴシックのセレモニーで使うようなキャンドルなんかもあるけど、キングは何か印象が違う。日本流のゴシックなのだろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載