サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  >  町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第137回/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
連載
町山智浩の「映画がわかるアメリカがわかる」第137回

『魂のゆくえ』腐敗した巨大教会の“不都合な真実”と改革派牧師の闘争

+お気に入りに追加

『魂のゆくえ』

1905_P133_img001_200.jpg

ニューヨーク州の田舎町にある小さな教会の牧師トラーは、信者のメアリーから相談を受ける。彼女の夫は環境問題を憂いて、出産に反対しているというのだ。だが、地元の教会が環境汚染企業から献金を受けていたことが発覚し……。監督・脚本:ポール・シュレイダー、出演:イーサン・ホークほか。日本公開中。

『魂のゆくえ』の主人公エルンスト・トラー(イーサン・ホーク) は牧師。彼が勤める教会は、南北戦争前に南部からの逃亡奴隷をかくまって、北部に逃した歴史ある建物だが、今はさびれて信者はまばら。経営も苦しい。

 トラーは心も折れている。2003年、彼は一人息子を従軍牧師としてイラク戦争に行かせたが、IED(手製爆弾)で戦死した。妻はトラーを責めて家を出た。孤独なトラーは毎晩ひとりウイスキーをあおるだけの希望のない日々を送っている。

 信者を奪ったのは近くのメガチャーチだ。メガチャーチとは収容人数数千人の巨大教会で、テレビCMで宣伝し、レーザーやスモークを使ってショーアップされた説教を行い、クレジットカードで寄付させる。年間数千万ドルを集めるが、宗教法人なのでもちろん無税。

 トラーの教会のわずかな信者のひとり、若い妊婦メアリー(アマンダ・セイフライド)が相談してくる。夫マイケルが子どもを欲しがらないから説得してくれと。マイケルは、温暖化で滅びゆく地球に子孫を残したくないのだ。

 マイケルに言われて、トラーは環境破壊の現実を知り、衝撃を受ける。こんなひどい現実に自分はキリスト教徒として何もできないのか? だが、酒浸りのトラーは血を吐き、胃がんと診断される。このまま無意味に死んでしまうのか? 神の使徒としての役割を何も果たせぬまま。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド