サイゾーpremium  > インタビュー  > 【GOBLIN LAND】"ネオ・チンピラ"な兄弟ラッパー
インタビュー
相反するテーマを表現する“ネオ・チンピラ”な兄弟ユニット

【GOBLIN LAND】「一番心に残ったヤンキー・マンガは『カメレオン』」“ネオ・チンピラ”な兄弟ラッパー

+お気に入りに追加

――往年のヤンキー・マンガのようなルックスの兄弟が、トレンドのビートに乗ってラップする――。そんな若手ユニット、GOBLIN LANDが提唱する“ネオ・チンピラ”とは?

1905_P030-031_CMYK001_520.jpg
(写真/山谷佑介)

 兄のYUZin(以下、Y)、弟のVarong(以下、V)で結成された大阪府出身のラップ・ユニット、GOBLIN LAND。2018年12月に発表した1stアルバム『NEO CHINPIRA』は、多種多様な新人が多く登場した昨年の日本語ラップ・シーンの中でも、もっとも注目に値する作品のひとつだった。その音楽的な新鮮さも強調しておきたいが、彼らの人気に火を付けた最大の要因は“ネオ・チンピラ”という秀逸なコンセプトにある。オールドスクールなヤンキー風の髪形やファッションで身を飾るが、「派手な身なりこんなFashion/お前らパンピーが真似てもダサいだけやって」(「O.O.O」)と歌うように、この兄弟だからこそ現代でもできるスタイリングなのだろう。それは、「昔は俺単車のケツに女乗せない/硬派BOY 日本」(「NEO CHINPIRA」)といった昭和のヤンキー的メンタルを表現したリリックを、エモ・ラップやトラップ・メタルなどトレンドを自在に咀嚼したビートとサウンドに乗せる、ごちゃ混ぜの面白さとも通じる。

Y「でも実は中学生のとき、ヤンキーより先にB-BOYのスタイルが好きになったんです。ソウルジャ・ボーイみたいに、坊主にニューエラのキャップを被り、スピーカー付きリュックでヒップホップを流しながら登校してました」

 その中で徐々に日本の不良文化のカッコよさにも気づき始め、B-BOYとヤンキー的なファッションの両方を好むようになった。

Y「ヤンキー・マンガが好きでいろいろ読みました。世代的には『クローズ』や『ドロップ』がはやってたけど、一番心に残ってるんは『カメレオン』ですね」

V「音楽では、親父の車で流れてた長渕剛と浜田省吾が今でも好きです。純粋にカッコいい」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』