サイゾーpremium  > インタビュー  > 【宮本茉由】文学少女が語る強い意志とは!?
インタビュー
控えめな文学少女は、強い意志で女優道を歩む

【宮本茉由】美人バー店員役で注目! 目立つのは苦手な文学少女が語る強い意志とは!?

+お気に入りに追加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

――小日向文世からワインをかけられる秘書役や、美人なバー店員役を演じる今年、最注目の女優! でも、学生時代はダサかった?

【宮本茉由】美人バー店員役で注目! 目立つのは苦手な文学少女が語る強い意志とは!?の画像1
(写真/宮下祐介)

「友達から恋愛相談されることもあるけど、男の子からの相談のほうが、同じ女の子についてのことなので答えやすいですよね。ある意味、3人の男性からいろいろと相談される今回の役は合っているのかも」

 そう語るのは、4月から始まった土曜ナイトドラマ『東京独身男子』(テレビ朝日系・毎週土曜夜23時15分~放送)で、主演の高橋一生らが通うクラブバーの店員で、彼らの恋を見守る“恋愛相談役”を演じている、女優の宮本茉由。

 学生時代から「CanCam」(小学館)のモデルとして活躍をしてきた彼女だが、当時の学生生活について聞くと少し意外なエピソードが返ってきた。

「学部によっては“パリピ”も多かったんですが、私のいた国文学科は本当にみんな真面目。私も普段はメガネ、マスク、バックパックみたいな、地味な格好が多かったですね。だから、大教室の講義で他学部の子が、『このクラスに宮本茉由ちゃんいるんだって!』とか、話している声が後ろから聞こえてくると、『こんなダサい格好でバレたらまずい』と、冷や汗をかいたこともありました」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号