サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 石野卓球がタトゥーを入れた場所が「腕の内側」で、深まる薬物使用疑惑……
1903_denkigroove.jpg『電気グルーヴ×アイデア―電気グルーヴ、石野卓球とその周辺。 (アイデア特別編集)』(誠文堂新光社)

 メンバーのピエール瀧が麻薬取締法違反で逮捕され、現在、動向に注目がいっている電気グルーヴの石野卓球。瀧の逮捕後、公式Twitterは更新するものの、あまり多くは語らず。メディアへの登場もなく、ファンからも心配の声が上がっている。

 そんな中、3月23日に石野が投稿したツイートが現在、話題となっている。

 この日、石野は「あと51歳初Tattoo入れました!“Zin-sayは電気グルーヴ、電気グルーヴは人生”真似すんなよ」とのメッセージとともに、自身の腕に入れたタトゥーを写した画像を公開。そこには電気グルーヴの“電”という漢字を丸で囲んだというタトゥーが刻まれていた。

 瀧の逮捕後に入れたとあって、ファンからは「その覚悟が嬉しい!」「ありがとう」「タトゥーを入れる勇気はないのでシールを作ってほしい」といった歓喜の声が上がっている。しかし、その一方で、ネットでは「いい大人だし別に入れてもいいんじゃない?」と、肯定する声が多く上がっているが、中にはデザインを「ダサい」と批判する人も同様に多くいるようだ。

 賛否両論となっている石野のタトゥーだが、そんな中、タトゥーを入れた場所が一部で話題に。肘関節の内側ということで、「注射の痕隠しじゃないの? これ?」と勘ぐる声が殺到しているのだ。

「先日発売された『週刊新潮』(新潮社)では、昔、電気グルーヴから薬物もらったという女性の告白が掲載され話題に。さらに瀧が取り調べで『20代から薬物やっていた』と自供しているため、最近では石野さんにも疑惑の目が向けられている。そんな最中で、腕にタトゥーはタイミングが悪かったですよね。まあ、石野さんのことですから、そんな声も想定済みで、逆に話題にしてやろうと考えてのことかも知れませんが(笑)」(芸能ライター)

 まだまだ、石野への疑惑は晴れないようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』