サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 音楽業界“空席”埋め地獄
ニュース
余計な忖度はアーティストを傷つける?

沢田研二は氷山の一角――招待枠で動員水増し! 業界“空席”埋め地獄

+お気に入りに追加

空席を埋めるレタッチ技術

無料招待や空席を暗幕で覆うなど、コンサートチケットの券売が芳しくない“当日の席埋め措置”はもちろんだが、マスコミ各社や音楽系ウェブメディアへのニュース配信用に送付するライブ写真にもギミックがある。とあるレタッチャーは「人を増やしてほしい」と依頼され、別のライブ写真から合成。果たして、そこまでする意味とは……。

1903_sawadakenji_200.jpg
『沢田研二という生き方』(青弓社)

 昨年10月、さいたまスーパーアリーナにて開催予定であった自身の公演を「9000人の予定が7000人しか集客できていなかった」ことを理由に急遽中止し、世間を騒がせた沢田研二だが、また新たな問題が勃発。一部の週刊誌によると、去る1月19日から行われた日本武道館での3日連続公演にて、空席を埋めるために大量の“無料招待券”【1】がばら撒かれたというのだ。その記事では、ほぼ満席だった初日公演で、キャパ約9000人のうち、実に4割程度が招待客であったと報じられている。

 1回の公演で3000席以上を無料で招待したという事実には、驚くと同時に太っ腹でもあるが、音楽業界関係者によれば、これまでもさまざまな手法で空席を埋めるための対応が取られてきたという。まずは中堅イベントプロモーターA氏が、自らの経験として、こう証言する。

「チケットの販売状況が芳しくない状態のままで公演日程が迫ってくると、空席の対策はイベンター(興行主)の判断になります。その措置はイベンターの考え方によってマチマチなので一概には言えませんが、まずは公演告知やメディア露出といったプロモーションに奔走するのが第一。主催や協賛名義の付いているメディア(テレビやラジオ)がある場合は、その局で告知の増加という正攻法に頼ります。公演日まで1カ月以上ある場合は、集客が見込める前座やサポートアクトを追加でブッキングしたり、近年では影響力のある有名人やインフルエンサーのSNSで告知してもらうこともあります。ただし、後者の場合は追加のプロモーション費用を捻出しなくてはなりません」

 このような正攻法でも効果が出なかった場合に行われる措置が無料招待となる。もちろん、どんなイベントにも、ある程度の招待枠は用意されるが、それとは異なる形態について、長年海外アーティストを担当してきたレコード会社勤務B氏が詳細を語る。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』