サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 仲里依紗が「デリヘルものAV」に没頭中!?
1901_naka.jpg『仲里依紗スタイルブック『Palette』』(宝島社)

 放送中の深夜ドラマ『フルーツ宅配便』(テレビ東京系)が話題だ。

 主演の濱田岳がデリヘル店長を演じ、そこで働くワケあり女性たちの人間模様を描いていくという物語。2018年の話題映画『孤狼の血』で知られ、今映画界で最も勢いのあると言われる白石和彌監督が演出を担当しているとあって、仲里依紗、北原里英、内山理名、成海璃子、筧美和子、中村ゆりなど豪華女優陣がデリヘル嬢を演じている。

「仲が、夫である中尾明慶に『デリヘルのお話だよ~』と話したところ、空気が凍ったそう(笑)。気まずくなることを恐れて、深くは聞けなかったそうですが、『彼は行ったことがないと信じています』と語っていました」(芸能記者)

 そんな仲は、昨年公開された映画『生きてるだけで、愛。』の舞台挨拶で、「役作りとか大してやったことなくて」「現場に行って『よーい、ハイ』って言われて、シャーッてやる感じです」と語っていたものだった。それが今作では、入念すぎる役作りに励んでいたという。

「1月21日発売の『週刊アサヒ芸能』(徳間書店)によれば、仲はデリヘルの料金システムやプレイの流れが全て頭に入っている。そればかりか、『顔射』『即尺』『アナル舐め』といったエロ用語も完璧に熟知しているといいます。スタッフに渡された資料だけでは物足りないのか、実際に『デリヘルもの』のAVを何本も観て、デリヘル知識を蓄えていたようです」(週刊誌記者)

“役作り”にかこつけて、自分が観たかっただけかも!?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号