サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 竹内涼真と熱愛の吉谷彩子が“衝撃告白”していた「エロすぎる性癖」とは?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

竹内涼真と熱愛の吉谷彩子が“衝撃告白”していた!? その「エロすぎる性癖」とは?

+お気に入りに追加
1812_takeuchi.jpg『竹内涼真写真集「Ryoma Takeuchi」』(マガジンハウス)

 竹内涼真との熱愛が報じられた女優の吉谷彩子に注目が集まっている。

 12月21日発売の「フライデー」(講談社)によれば、2人は2017年に放送されたドラマ『陸王』(TBS系)で共演。同ドラマで竹内は陸上選手の役を演じていたが、吉谷も学生時代は陸上部だったことで意気投合し交際に発展、現在は竹内のマンションで半同棲生活を送っているという。

 吉谷は転職サイト「ビズリーチ」のCMで一気に知名度を上げたが、実は芸歴22年の大ベテラン。数々のCM、映画、ドラマ、声優と幅広く活動していた。

 そんな吉谷の“エロ素顔”が、一部で話題を呼んでいるという。芸能ライターが語る。

「吉谷のインスタを見ると、普段からニットなどを着用していることが多く、張りのいい胸元からは完璧な乳袋ができあがっています。胸の膨らみ具合からすると、推定Cカップの美乳のようですね。夏にアップした写真では、薄着ながら胸の間にカバンのヒモを“パイスラ”して形が丸わかりのショットを掲載しているほか、入浴ショットまでアップしたこともあり、男性ファンを悶絶させています」

 そんな吉谷は、昨年出演した初バラエティ番組でも、とんでもないエロ性癖を告白していた。

「“今話題の女優”として吉谷がゲストで出演したのは、タカアンドトシがMCを務めた『採用!フリップNEWS』(中京テレビ)です。そこで彼女は『男のアソコの匂いを嗅ぐのが好き!』と爆弾発言。竹内といえば、『陸王』でユニフォーム姿になった際に、股間に浮き出た『ビッグマグナム』が話題となったこともあり、その匂いを嗅いでいたのかとドキっとしました。しかし、彼女の言う“アソコ”とは“男の耳の裏”のことで、肩を揉みながら耳元で話しかける時が一番嗅ぎやすい方法なのだとか。その匂いは彼女の恋愛観にも大きく影響しており、匂いが好みでなければ顔がタイプでも付き合わないと力説。交際したということは、竹内の匂いは合格だったのでしょう」(週刊誌記者)

 耳の裏の匂いが好きとは、かなりエロい感じもするが、竹内も吉谷のそんな素顔に惚れたのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』