サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 安田大サーカス・クロちゃんが団長に放った“衝撃のクズ行動”って!?
1812_suiyoubinodowntown.jpg『水曜日のダウンタウン10 [DVD]』(よしもとミュージックエンタテインメント)

「愛されクズ芸人」として、安田大サーカスのクロちゃんが大ブレーク中だ。

 クロちゃんは現在、『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の「モンスターハウス」に出演中。見知らぬ男女6人が共同生活を送る人気リアリティー番組『テラスハウス』風のコーナー企画だが、そこにクロちゃんというモンスターが一人紛れ込むだけで、視聴者から悲鳴が上がる激ヤバシーンのオンパレードとなるのだ。

「12月12日放送回では、同居する女性に『僕とエッチできる?』『いまキスできる?』とセクハラ口撃したり、手の甲にキスするなど、女性視聴者が卒倒するシーンが満載。VTRを観ていた岡田結実もドン引きして、『途中から人間じゃなくて親指にしか見えなくなった』との名言を残しています」(テレビ誌ライター)

 安田大サーカスは、コンビを解散して相方を探していた団長安田に、芸人志望ではなかったHIROとクロちゃんが加わる形で2001年に結成された。その当時から、団長にはクロちゃんの「愛されクズ芸人」キャラが垣間見えていたという。

「雑誌のインタビューで団長が明かしていたところによると、テレビに出始めた頃、クロちゃんが大阪・梅田で酔っ払いに絡まれたそうです。団長が止めに入ると、今度は団長のほうが絡まれることに。すると、クロちゃんは助けるどころか知らん顔。団長はその場を凌ぐために、酔っ払いにディープキスをかまして追い返したそうですが、クロちゃんからは心配や謝罪の言葉はなく、ただ一言『団長だけずるい!』と言い放ったんだとか(笑)」(週刊誌記者)

 人の想像の上を行くクロちゃんの言動は、芸人……いや「モンスター」としてついに花開いたようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載