サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 小栗旬に続く!? 『西郷どん』鈴木亮平に“ハリウッド進出”の期待「外大卒、英検1級」の腕前は?
1812_suzuki.jpg『鈴木亮平 FIRST PHOTO BOOK 鼓動』(キネマ旬報社)

 俳優・小栗旬が、2020年5月22日に米国で公開を予定されている映画『ゴジラVSコング』(日本国内も同年公開予定)で、ハリウッドデビューを飾ることが先ごろ報じられた。

 日本と米国の2大モンスターの激しいバトルが描かれ、その一端を担う重要な役どころを演じるという小栗。ハリウッド版ゴジラシリーズでの日本人主要キャストは、14年の14年の『GODZILLA ゴジラ』と、来年5月31日公開の第3弾『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に出演する渡辺謙に続いて2人目となる。

「すでに春先から肉体改造に入っており、『銀魂2』では、かなりムキムキの体に。現在、語学を猛特訓中だそうですが、番手としては上位5番手に入る好待遇だそうです」(映画業界関係者)

 小栗が同作で存在感をアピールすれば、渡辺同様、今後もハリウッド作品のオファーが舞い込みそうだが、現在、日本の俳優の中で最もハリウッド進出が期待されているのが、あの大河主演俳優だというのだ。

「放送中の『西郷どん』に主演している鈴木亮平です。186センチの長身に加え、役によって体重を増減させる“デ・ニーロ・アプローチ”を実践。高すぎるプロ意識は、ハリウッドスター並み。おまけに、東京外大卒で、英検1級を取得。アメリカへの留学経験もあるので、ハリウッドに渡っても気後れすることはなさそうです」(映画業界関係者)

 鈴木がその気になれば、強力なバックアップもありそうだ。

「小栗とは親友で、小栗は『西郷どん』に坂本龍馬役で出演。小栗が“結果”を残して、現地の関係者に鈴木を推薦すれば、すぐにでも鈴木がハリウッドに呼ばれることになりそうです」(同)

 体格的に欧米人に見劣りしない鈴木だけに、今後、ビッグチャンスがめぐって来そうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

インタビュー

連載