サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > AKB48、CDチャート席巻でもメンバーは不安だらけ? 「AKBを好きって言っても笑われちゃう」
1812_teacherteacher.jpg『52nd Single「Teacher Teacher」<Type A>初回限定盤』(キングレコード)

 売れているけど売れていない?

 12月7日、「ビルボードジャパン」が2018年イヤーエンド・チャート全9部門の受賞楽曲・アーティストを発表。年間シングルセールスチャートでは、AKB48の「Teacher Teacher」が293万枚を売り上げ、2位以下に大差をつけて首位を獲得した。

「AKB48の楽曲は、2位と5位にもランクイン。他のトップテンの顔ぶれも、乃木坂46が3曲、欅坂46が2曲、いずれもミリオンヒットを飛ばし、9位のKing&Prince『シンデレラガール』、10位の嵐『夏疾風』を除く8曲を秋元康プロデュース組が独占した形です」(音楽ライター)

 AKB48が同チャートで首位を獲得するのは3年連続7回目となるが、これほどのセールスを上げているにもかかわらず、歌そのものはお茶の間へまで浸透していないのが実情だ。アイドル誌ライターが言う。

「『Teacher Teacher』はDVD付属のType A・B・C・Dそれぞれの通常盤と初回限定盤、CDのみの劇場盤という9形態で発売され、CDには松井珠理奈が1位となった『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』の投票シリアルナンバーが封入されていたことが大きかった。秋元グループのCDには握手券がついており、それがセールスに直結しています。AKBは単独でも100人以上、国内の48グループでは400人弱もメンバーがいるのに対し、人気絶頂とはいえ乃木坂や欅坂は50人ほどですから、それがCDセールスの順位にそのまま反映されているというわけです」

 そんな中、12月24日に発売されるDVD&Blu-ray『AKB48単独コンサート~ジャーバージャって何?~』の特典映像が話題を呼んでいる。

「メンバーの卒業、加入を繰り返し13年目を歩んでいるAKBですが、特典映像には2年ぶりの単独コンサート、総選挙、新チーム公演など“新しい自分たちのAKB48”を創ろうとするメンバーを追った半年間のドキュメンタリーが収録されています。先日公開されたダイジェストを観ると、『今、AKBを好きって言っても笑われちゃう』『今は好きなわけじゃなく、ここから出る勇気がない』『初期メンを越えられない壁』『限界ギリギリにみんないない……』など自虐コメントのオンパレードとなっています。CDセールスと裏腹にメンバーは現状にかなりの危機感を持っているようですね」(同)

 8日に行われたデビュー13周年記念公演で、総監督の横山由依が次期総監督に向井地美音を指名したが、AKBの新章に期待したい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』