サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 倉科カナ、竹野内豊との破局で“田中みな実パターン”危機!「元彼の影が……」
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

倉科カナ、竹野内豊との破局で“田中みな実パターン”危機!「元彼の影が……」

+お気に入りに追加
1811_kurashina.jpg『Sunny Flower―倉科カナファースト写真集』(双葉社)

 次の男が、すぐに見つかればよいが……。

 11月20日発売の「女性自身」(光文社)が、竹野内豊と倉科カナが破局していたと報じ、ファンが騒然となっている。

 2人は2013年に交際をスタートさせ、今春には竹野内の自宅での半同棲生活が伝えられていたことから、結婚間近と伝えられていた。しかし記事によれば、今年の夏ごろに破局していたという。

「倉科のほうから別れを切り出したといいます。昨年12月に30歳を迎えた彼女は、かねてから『30歳までに結婚』と思い続けてきた。しかし、47歳の竹野内は独身主義なのか、その気がなかったようで折り合いがつかず、双方の所属事務所も別れたことを認めています」(芸能記者)

 そんな倉科は、10月28日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した際には自身の結婚観について言及。「やっぱり女の子と男の子が」と将来設計を語るなど結婚願望はあるとしながらも、「私は絶対、(婚期が)遅れるタイプだと思う」と語っている。

「倉科といえば、竹野内の前には、よゐこ・濱口優との交際が報じられています。彼女は男がうらやむルックスと豊満ボディの持ち主ですが、世間的には、言葉は悪いですが、2人の“お下がり”というイメージがついてしまったことで、竹野内や濱口と共演の可能性がある俳優やお笑い芸人たちからは敬遠されるかもしれません。フリーアナウンサーの田中みな実も、あれだけかわいいのに、元カレのオリラジ・藤森慎吾のイメージが強すぎるためか、新しい恋の話が聞こえてこない。倉科も、そのパターンに陥ってしまうかもしれません」(女性誌記者)

 アラサー女優を“放流”した竹野内には、しばらくは女性たちからの厳しい声が飛び交いそうだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論