サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > オードリー・若林正恭の破局報道で「弘中綾香アナと付き合って!」の声が連打される事態に
1811_wakabayashi.jpg『ナナメの夕暮れ』(文藝春秋)

 11月3日のスポーツ各紙で女優の南沢奈央との破局を報じられたお笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、4日未明のラジオ番組で「今日の俺のニュース、事実なの。いい恋させてもらった」と報道を認めた。

 2人は2010年にテレビ番組で知り合い、昨年9月に交際をスタートさせたが、すれ違い生活が続いたことが原因となり、その関係にピリオドが打たれたようだ。

 そんな中、若林がレギュラー出演しているバラエティ番組『激レアさんを連れてきた。』(テレビ朝日系)では、進行役を務める弘中綾香アナが、どのようにこの話題に触れてくるのかに注目が集まっていた。

「弘中アナがONE OK ROCKのギタリスト・Toruとの熱愛を報じられた際には、番組で若林が彼女をイジリ、若林が南沢との熱愛が発覚したときには、弘中アナがイジリ返していました。しかし、5日の放送は破局報道以前の収録だったのか、この話題には触れられなかったばかりか、オープニングトークすらないまま進行が進められました」(テレビ誌ライター)

 番組を観た芸能記者は、こんな見方をする。

「弘中アナや若林の熱愛報道の際、ネット上では『若林と弘中アナのほうがお似合い』『2人に付き合ってほしい』との声が上がっていました。それが若林の破局で加速し、『彼女と別れたんなら、今度こそ弘中アナどう?』『最終的に若林と弘中ちゃんがくっついて結婚してくれないかなーと思ってる』といったコメントが連打されていました。そうしたことから番組サイドがあえて“忖度”して、2人が仲睦まじく話すオープニングシーンをカットした可能性もありそうです。何をやっても処理してくれる若林のツッコミのおかげで、弘中アナはノビノビ仕事ができているように見えますし、もし本当に交際したら、芸能界きっての『好感度カップル』となると思うのですが」

「ワンオク」Toruとの交際については、厳格な父親が反対しているとの報道もある弘中アナ。いっそのこと若林に乗り換えてみては?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論