サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 阿部寛がやりがい搾取!? 佃製作所は「ブラック企業大賞」確定!
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

阿部寛がやりがい搾取!? 佃製作所は「ブラック企業大賞」確定!

+お気に入りに追加
1811_shitamachirocket.jpg『下町ロケット ヤタガラス』(小学館)

 今年の「ブラック企業大賞」は佃製作所で決まり?

 阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』第4話が11月4日に放送され、視聴率13.3%を記録。裏で羽生結弦が優勝したフィギュアスケートが放送されていたが、物ともしない強さを見せつけた。

 しかし、視聴者からは阿部が社長を務める佃製作所の労働環境に疑問を呈す声が上がったようだ。

「今作は物語の中心がロケットからトラクターに移りました。内容もモノづくりにかける熱い思いをストレートに描いた前作と違い、協業する『ギアゴースト社』が抱える訴訟話がメイン。特許侵害、信用調査、内通者といった陰謀ネタが多く、爽快感はあまり感じられません」(テレビ誌ライター)

 第4話では、ギアゴースト社が抱える訴訟問題に際して、佃製作所の顧問弁護士の助言で阿部が従業員にある業務を課すのだが……。

「社長の『頼むぞ、お前ら』の一言でギアゴーストが訴訟を戦うための材料となる論文を、大量の段ボール箱の中から社員総動員で探すことに。存在するかもわからない宝探しのような確率、目を通すだけでも頭が痛くなりそうな文面、それも他社のための作業です。しかも、それがとある大学にあるかもしれないという阿部の思い付きで、社員が大挙して大学に行って探しまくる。はっきりいって、技術者がやる仕事ではありませんし、ギアゴースト社は普通に通常業務を行っているのですから、たまったものじゃないでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

 これにはネット上で「ブラック企業」との声が連打されていたが、週刊誌記者も苦笑してこう続ける。

「2話でも訴訟相手が逆にギアゴースト社の特許を侵害していないか、相手方の部品を本来の業務を投げ出してくまなく精査させられた結果、ムダ骨でした。他にも、帝国重工のムチャ振りに応えるため、夜を徹して作業して青ざめた顔で床に座り込むほど働いたかと思えば、社長の思い付きで休日に経理部長の実家の田んぼを手伝わされたりもしています。佃製作所では給料の話はタブー視されているのか、結果を残しても、徹夜で残業しても、休日出勤しても、他社の業務を時間外労働させられても給料が上がるような描写はありません。あくまで金や出世ではなく、『夢のために』働かされている。ドラマとして見ると胸が熱くなりますが、完全なる“やりがい搾取”ですよ」

 佃製作所が労働基準法を守っているのか、はなはだ疑問だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』