サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 広瀬すず、石原さとみ、新垣結衣の連続爆死で「日テレは出る価値なし」の声が噴出中!
1810_hirose.jpg『負けずぎらい。』(日経BP社)

 テレビ界で「三冠王」といえば、日本テレビの代名詞だったが、その牙城がいよいよ危うくなってきているようだ。

 10月第3週の全日、プライム、ゴールデンの全ての平均視聴率でテレビ朝日がトップとなり、日テレが続けていた「週間三冠王」記録をストップさせた。

「明暗を分けたのはドラマです。テレ朝は水谷豊主演『相棒season17』、米倉涼子主演『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』、伊東四朗主演『おかしな刑事』が高視聴率をマークして牽引。対する日テレは、新垣結衣『獣になれない私たち』、中島健人主演『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』、賀来賢人主演の『今日から俺は!!』が軒並み1ケタとなり、足を引っ張った形です」(テレビ誌ライター)

 日テレのドラマは、以前から同局の「アキレス腱」。脚本力、照明、スタッフの能力など芸能関係者の間では、しばしば「レベルが低い」との声が聞かれていたという。

「加えて、日テレは主要キー局ではもっともギャラが安い。それでも人気俳優たちが出演したのは、日テレが『三冠王』だから。実際、多くの芸能プロは数字が取れるのなら、他の問題は些末なことと気にしていなかった。しかし、最近はディーン・フジオカ、広瀬すず、菜々緒、石原さとみ、そして今期の新垣と錚々たる役者がいずれも大爆死。商品価値を損ねられたと、日テレに絶縁状を叩きつけたと報じられています。少し前まではフジテレビが“爆死局”として避けられていましたが、それでもフジはギャラだけは高い。視聴率が悪い、クオリティが低い、ギャラが安く、商品価値を下げられるのであれば、もはや日テレに出る意味がない。今後、ドラマのキャスティングはかなり苦労すると思いますよ」(テレビ関係者)

 ドラマ以外にも有働由美子を起用した『news zero』も視聴率4~5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)まで急落しているだけに、王者の落日は近いかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号