サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > GACKT周辺でトラブル続発……仮想通貨暴落に続き、広告塔の「筋肉サプリ」が発売中止に!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

GACKT周辺でトラブル続発……仮想通貨暴落に続き、広告塔の「筋肉サプリ」が発売中止に!?

+お気に入りに追加
1808_gackt.jpg『OH!! MY!! GACKT!!』(KADOKAWA)

 来年2月に公開が予定されている映画『翔んで埼玉』の特報映像が公開された。

 本作は、累計発行部数66万部を突破した魔夜峰央原作の同名漫画を二階堂ふみとGACKTのW主演で実写映画化。埼玉をバカにする描写が多いため、GACKTは二階堂と共に「埼玉の皆様、映画化してゴメンなさい」と謝罪をしている。しかし、GACKTが謝罪しなければならないのは、埼玉県民だけではないようだ。

「GACKTは8月12日のインスタグラムにて、プールサイドに服を着た状態で座る友人を背後から足で背中を蹴り飛ばす動画をアップ。友人をプールに突き落として高笑いする姿に『悪ふざけがすぎる』『友人に謝れ!』と批判が集まりました。また、今年の5月に広告塔を務める仮想通貨『スピンドル』が上場を果たしたものの、現在は大暴落。『スピンドル』の企画会社が無登録営業による資金決済法違反の疑いを指摘されたことで、GACKTとプライベートでも交流のある野田聖子総務相の力を借り、金融庁に圧力をかけた疑惑も週刊誌で報じられました」(芸能記者)

 さらには、広告塔となっていた筋肉サプリ「メタルマッスルHMB」の会社が“詐欺商法疑惑”で販売中止に追い込まれていたという。

「GACKTが広告塔になって宣伝した同サプリメントは2月で販売中止になっています。販売会社は2年前に設立されているのですが、渋谷のオフィスはレンタルルームで、他のサプリの販売実績はないばかりか、会社のホームページなど、どこにも成分表示がなかったことで怪しまれていました。『1カ月500円』のアイコンをクリックすると、勝手に1年間(3カ月目以降は1万円弱)が送られてくる仕組みとなっていて、大手通販サイトや国民生活センターにはクレームが殺到していたといいます。GACKTを使って売り抜けたら会社をたたんで次の商材を探し始める企業だった可能性もありえそうで、彼を信じて買った人たちは腹立たしい限りでしょう」(週刊誌記者)

 毎年レギュラー出演する『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)では、「一流芸能人」の座をキープしているGACKT。しかし、番組でのイメージを鵜呑みにするのは少々危険なようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』