サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 吉岡里帆に心配される、まゆゆ&川口春奈が陥った“病”
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

吉岡里帆に心配される、まゆゆ&川口春奈が陥った“病”

+お気に入りに追加
1808_yoshioka.jpg『吉岡里帆写真集 so long』(集英社)

 入浴シーン時に視聴率が上がる『水戸黄門』(TBS系)の由美かおる……というわけにはいかなったようだ。

 7月31日放送の吉岡里帆主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)にて、吉岡の入浴シーンが放送されるも、平均視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、第2話の5.5%から微増に留まった。

“サービスカット”が不発に終わったことで、吉岡には厳しい現実が待っていそうだという。テレビ誌ライターが言う。

「今回の入浴シーンはお湯が白く濁っていて、首から上しか見えていない。正直、艶っぽくもなんともなかった。もしこれが制作サイドの“奥の手”なら、この先劇的な視聴率回復は見込めなさそう。逆に4%台まで落ち込めば打ち切りが検討されるでしょうし、3%台となれば、しばらく主演でキャスティングされることはなくなるでしょうね」

 フジテレビ系ドラマでは、オタギリジョーの『家族のうた』が平均視聴率3.8%、稲森いずみ&渡辺麻友の『戦う!書店ガール』は同4.7%で、いずれも打ち切りの憂き目にあっている。

「オダギリはドラマが爆死して以降、主演を任されなくなりました。また、渡辺は、8月4日スタートの『いつかこの雨がやむ日まで』(同)で主演しますが、インタビューでは『私は主演の器ではない』とすっかり“主演恐怖症”にかかっており、過去の爆死体験がトラウマになっているようです。歴代1位の低視聴率ドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で主演した川口春奈は当時、事務所から『ネット閲覧禁止令』が出ていましたが、本人は後に『視聴率恐怖症』に陥っていたことを告白しています。今後、さらに『ケンカツ』の視聴率が下降すれば、吉岡は女優生命の危機だけでなくメンタルのほうも心配です」(週刊誌記者)

 吉岡が、まゆゆや川口と同じ“病”にかからないことを祈るばかりだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』