サイゾーpremium  > インタビュー  > 【純烈】元特撮ヒーローたちが目指す紅白の頂
インタビュー
スーパー銭湯アイドルは元ヒーロー!?

【純烈】「ヒーローは決してあきらめない」元特撮俳優たちが歩むセカンドキャリア・歌謡の花道

+お気に入りに追加

――平均年齢39.8歳、どうにもこうにも脂の乗りすぎた彼らが、芸能界の長い道のりでたどり着いたのは、“スーパー銭湯アイドル”という唯一無二の境地だった。

1807_ARI0020_hosei_520.jpg
(写真/有高唯之)

 往年のアイドル雑誌「Myojo」のように顔を近づけたこの5人、アイドルだろうか? そう言い切るにはいささか貫禄がありすぎるが、彼らは人呼んで“スーパー銭湯アイドル”、その名を「純烈」という。平均年齢39・8歳、最年少の後上翔太(31)を除く5人中4人は芸能活動歴約20年というベテランで、日々全国のスーパー銭湯や舞台を回り、歌謡曲や演歌を歌い踊る。この日も月曜日の昼間からホテル宴会場にマダムたちが詰めかけ、ペンライトを振っていた。

 純烈には「スーパー銭湯アイドル」のほかに、もうひとつよく語られる言葉がある。「5人中4人が元ヒーロー」だ。リーダーの酒井一圭(42)、メインボーカルの白川裕二郎(41)、LiLiCoとの結婚が話題の小田井涼平(47)、振り付け担当の友井雄亮(38)は、2001~02年にニチアサ(テレビ朝日の日曜朝枠)の仮面ライダーやスーパー戦隊シリーズに出演している。

「今はライダーも戦隊もイケメン若手俳優の登竜門になってますけど、僕らの頃は全然状況が違ったんですよ」と言うのは、純烈の仕掛け人でもある酒井。

「僕らの頃の戦隊ものは、弱小プロダクションの若手が吹き溜まってる『墓場』でした。だから人気が出るように、必死でいろいろ仕掛けて工夫したんです。それ以降、大手プロの俳優も入ってくるようになりました。でもその分、若手俳優が出てくる機会は増えた。その中で俺たちが、ただ役者やってるだけじゃ生き残れない。だから『イケメン俳優ルートで芸能界っていう山を登るんじゃなくて、純烈というプロジェクトを組んで、別のルートで山を登ろうぜ』とみんなを口説きました」(酒井)

 こうして07年に純烈を結成。だが当初は各自のキャラクターを出せず、苦戦したという。握手会や撮影会など、ファンとの接触に不慣れなメンバーもいた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』