サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 中国のウェブと政治の絶妙な関係【2】/【ライブチャット】が流行る中国
第1特集
中国のウェブと政治の絶妙な関係【2】

ところ変われど下心は変わらず……ライブチャットが盛況! 中国エロテクノロジー

+お気に入りに追加

――どんなに言論統制や検閲が敷かれようと、エロに関する知的好奇心を抑えることはできまい。日本同様、エロライブチャットが中国でも人気を博しているという。果たして、その実態はいかに。

1805_column02_300.jpg
上は日本でも「ろくチャンネル」と呼ばれ、知る人ぞ知る存在になっている「6.cn」。下はネットアイドルを目指す女の子が集まるという「YY」。これらのライブチャットは健全なものが大半だが、中にはいかがわしいものも……。

 QQコミュニティの無法地帯ぶりはこちらの記事でもご紹介した通りだが、中国的イノベーションはエロの進歩ももたらしている。ウェブ経由の電子マネーの普及と、動画配信の容易化によって最近人気を集めているのが「色情直播」と呼ばれるエロライブチャットだ。

 これは日本のライブチャットと同じく、画面の向こうの素人(とされている)女の子が、課金次第で服を脱いだり自慰行為を見せてくれたりする怪しいサービスである。中国ではそれなりの裏技を使えば、未成年でもアリペイやウィーチャットペイを使うことは可能であり、こっそり使っている中高生も多いため、彼らによる課金が社会問題として報じられる例もある。

 ほかにも、ウィー・チャットやQQでは近所にいる異性とつながったりランダムで相手と知り合える機能もあるが、これらの機能は言うまでもなく援交やネットナンパの温床だ。

 中国人は日本人よりも人間関係にオープンなこともあり、これらを用いた不倫による離婚のニュースもかなりある。技術が進歩しても、人間の業は変わらないわけなのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』