サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 彼女の耳の穴/秋元才加

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

1804_F_DSC6537_hosei_520.jpg
(写真/三浦太輔・go relax E more)

Touching song

1804_jacket_100.jpg

マイケル・ジャクソン
「アース・ソング」

1995年に発表されたシングル。同年発売されたアルバムにも収録されており、環境破壊など人類の愚行について警鐘を鳴らす壮大な楽曲である。


 母親が音楽好きなフィリピン人っていうのもあって、幼少期から常に音楽は身近で鳴っていました。ただ、なぜか家では邦楽禁止だったんですよ。何か聴くんだったら世界のエンターテインメントに触れたほうがいいっていうのが、親の考え方で。実際家には親のCDがいろいろあったので、マドンナ、マライア・キャリー、マイケル・ジャクソン、あとクイーンとか、そのあたりを私も好んで聴いてましたね。とはいえ、やっぱり邦楽も聴きたいじゃないですか。だから、子ども部屋のテレビでこっそり歌番組を観たりして。『速報!歌の大辞テン』『うたばん』『ミュージックステーション』は毎週欠かさず観ていました。で、近所のレンタル屋さんに行って一日中試聴機で聴いたり、当時無料で配布されてた新譜の歌詞カードをじっくり読んで覚えたり。でも、邦楽のCDって高いじゃないですか。だから、CDはフリーマーケットで買うことが多くて。両親がフリマ好きで、毎週末連れてかれていたんです。で、500円渡されて、「これで好きなもの買いなさい」って。洋服は全部そこで買ってたし、あとはバックストリート・ボーイズやクリスティーナ・アギレラのアルバムを10円で買ったりとか。なので、当時の私が聴いている音楽って、数年分タイムラグがあったみたいなんですよね(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』