サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 世界中で増殖する心霊動画【1】/【心霊動画】の潮流と愉しみ方
第1特集
世界中で増殖する心霊動画【1】

日本の心霊動画は基本的に違法モノ!幽霊がグローバル化している!?怖い心霊動画の潮流と愉しみ方

+お気に入りに追加

――一昔前なら、心霊映像はテレビのオカルト番組や、『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズのような一般投稿(という体の)ビデオ/DVDなどで怖がりつつ愉しむものだったが、今やYouTubeで膨大な心霊動画が見られる。では、それらの動画は誰がいかにして撮影し、どう受容されているのか? その変遷と最新動向を探りたい。

1710_shinreidouga_200.jpg
『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズは、実はまだ続いている……。こちらは、8月にリリースされた74巻。

 YouTubeをはじめとする動画共有サイトが一般化したことで、かつてはテレビ番組やレンタル・セルビデオ/DVDで視聴されていた心霊映像も、今やネット動画として消費されている。本稿では、この心霊動画の近年の傾向および受容のされ方の変化について考察していきたい。

 怪奇現象研究家であり、自身も数多くの心霊DVDの監修を行ってきた住倉カオス氏によれば、「現在YouTubeなどの動画サイトに投稿されている日本の心霊動画のほとんどは、基本的に違法にアップロードされたもの」だという。

「要は、レンタルもしくはセル向けのDVDをリッピングしたものや、テレビの心霊番組を録画したものを権利者に無断でアップしているわけです。合法なのは、ニコニコ生放送の生主など配信者が自ら心霊スポットに赴く通称“凸(突撃)”といわれるものですが、それらの動画には必ずしも何かが映っているわけではありません。もっと言えば、幽霊らしきものががっつり映っている日本の心霊動画は、ほとんどが『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズ(1999年~)以降のパッケージの映像を誰かが勝手に上げたものなんです」(住倉氏)

 同シリーズに代表される心霊DVDの多くは、一般投稿された映像を検証する“という体”のフェイク・ドキュメンタリーといわれている。ということは、日本の心霊動画はほとんど偽物なのだろうか――。その前に、日本のテレビとDVDで心霊映像がどのように扱われてきたか、ざっとおさらいしておこう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』