サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【ニュース】真木よう子の「異変」にドラマスタッフもビクビク
ニュース
【premium限定ニュース】

真木よう子の「異変」にドラマスタッフもビクビク

+お気に入りに追加
真木よう子の「異変」にドラマスタッフもビクビクの画像1
『セシルのもくろみ(フジテレビ)』公式サイトより

「主演・真木よう子」は見納めか? 8月31日に放送された真木主演のドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)第8話の平均視聴率は自己最高の5.3%(ビデオリサーチ調べ)を記録したものの、次回第9話で最終回となることがわかった。

 放送前に9話で打ち切りとの情報が流れたためか、前回から0.9ポイントも上昇する皮肉な結果に。舞台裏をテレビ関係者が明かす。

「全10話の予定でしたが、ドラマは序盤から視聴率3%台を連発。主演の真木自らがツイッターで低視聴率ぶりを嘆いたり、それを揶揄した一部報道に噛みつく一幕も。さらにはコミケ参加表明をめぐる炎上やツイッター削除など、とにかくネガティブな話題ばかり振りまいていた。スポンサーも早くから降りるタイミングを見計らっていて、当初は6~8話で終了する方向で調整されていました。しかし、スポンサーがフジテレビとの付き合いを考えてギリギリまで譲歩。この数字でよく9話までやらせてもらえたなという印象です」

 真木はコミケ参加をめぐる一連の騒動で炎上したツイッターのアカウントを削除。同日8月29日にはドラマの収録をドタキャン。かなりメンタルが弱っていたようだ。

「実際、ドラマ終盤の収録では、スタッフがほかの共演者に対して、『真木さんを怒らせないようにNGを出さないでください』と、異例のお願いをしていたといいます。スタッフから見ても、彼女のメンタルに異変が感じられたのでしょう。打ち切りとなったタレントは商品価値が半減するのに加え、真木には『ヤバイ女』というイメージがついてしまった。しばらく『主演・真木』にGOサインを出すスポンサーは現れないでしょうし、脇役の出演機会も激減するでしょうね。ドラマの打ち上げはかなりこじんまりとしたものになるそうですよ」(前出・テレビ関係者)

“もくろみ”が外れまくりの真木だが、女優生命を繋ぎ止めるためにも最終回も自己最高視聴率で締めくくりたいところだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』